« 功名が辻(女流脚本家に魅了されて) | Main | 「リサイクル幻想」を読んで »

11/04/2006

常識人であること

先日、俳優の丹波哲郎が亡くなった。丹波哲郎と言えば、私の年代からすると、「Gメン75」のボスのイメージが真っ先に浮かぶ。作家の塩野七生さんがエッセイ「男たちへ」のなかで、丹波哲郎について語った文章を紹介する。

「丹波------俺だって、好む演出家と好まない演出家がいる。演出家で嫌いなタイプは、弱い者いじめをするやつと、必要もないのに殺すやつ。『豚と軍艦』という映画は好きだったけれど、監督は嫌いになった。最後のところで、波打ち際に仔犬の死骸が五、六匹浮いているシーンがある。それを撮るとき、今まで飼っていた犬をわざわざ注射で殺して水につけた。生きている犬が死んでいく過程だったら、それもやむをえなかったかもしれないが、死んでいるところだけなら、オモチャの仔犬を水につけたって同じことなんです。
塩野七生の感想------ここには、頭の悪い男たちの考える類の芸術至上主義に対する、健全な常識人の側からの見事な平手打ちがある。頭の良い男、丹波哲郎に乾杯! ー塩野七生 男たちへ19頁〜20頁 文春文庫より引用ー」

中2の女子生徒が運動部でのいじめを苦に自殺した事件で、当該中学校の校長が「いじめの事実は確認できなかった」と態度を保留しておきながら、いじめの現場を目撃したとの生徒の証言などから、「いじめがあった」と認めると態度を変更するにいたった。

この一連の流れの中で、私が酷く心を痛めたのは、おのおの立場の違いを越えて、どうして身近にいる人物の死に対して、素直にに哀悼の気持ちを表現できないのだろうか、というもどかしさであった。10代の将来有望な若者の早すぎる死に対して、率直に深い同情の念をよせることができないのだろうか。

教育者は「聖職者」であれとまでは言わない。さりとて優れた「常識人」であれと願うのは、非常識であろうか?

« 功名が辻(女流脚本家に魅了されて) | Main | 「リサイクル幻想」を読んで »

Comments

一度や二度の失敗・挫折で死んだらいかん!
いや一度や二度どころではなく数え切れなくなるくらいの失敗で人は成長していくものだから・・・。
裏をかえせば人間失敗することもなくなったとき、あえて若者の言葉をかりて言うならあいつは「終わったな・・・」となる。
いずれにせよ皆幸せになる為に生まれてきたのだから一生懸命生きよう!
それがすばらしい<死>への旅立ちとなる。というのが自身の死生観である。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/12529331

Listed below are links to weblogs that reference 常識人であること:

« 功名が辻(女流脚本家に魅了されて) | Main | 「リサイクル幻想」を読んで »