« 常識人であること | Main | オペラって、裸ありなんすね〜! »

03/28/2007

「リサイクル幻想」を読んで

3月25日の「たかじんのそこまで言って委員会」で武田邦彦氏がゲストであった。リサイクルの嘘を分かりやすく解説なされて、とても興味深かった。

このごろは、宮崎哲弥や橋下徹らの、陳腐な、雑学的知識の羅列にうんざりしていたのだが、この日の内容はとても満足した。

「ペットボトルを石油から作り消費者の手元に届けるまでの石油の消費量は、ボトルの大きさにもよりますが、約四十グラムです。ところが、このボトルをリサイクルしようとすると、かなり理想的にリサイクルが進んでも百五十グラム以上。つまり、四倍近く石油を使うことになります。武田邦彦 リサイクル幻想 文春新書25頁より引用」

日本のリサイクルの流れの嘘が理解できる。それはあまりにも偽善に満ちあふれている。一読をお勧めする。

« 常識人であること | Main | オペラって、裸ありなんすね〜! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/14424087

Listed below are links to weblogs that reference 「リサイクル幻想」を読んで:

« 常識人であること | Main | オペラって、裸ありなんすね〜! »