2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月21日 (木)

ドン・キホーテの末裔

最近あまり本を読んでいないなという自覚はあった。この年齢になってそういった強迫観念と向き合うつもりはないのだが、それほど期待しないで読み始めた本に右脳的創造が膨らみ、一気に読み切るという感触も良いものだ。私が手にした「ドン・キホーテの末裔」は清水義範さんの作品である。

主人公である小説家の「私」の家に送られてきた出版社のPR誌に新連載小説「贋作者アベリャネーダ」が紹介されていた。これは「私」と既知の間柄である「西泉貴嗣」の作品である。一般的な知識で言えば、ドン・キホーテの作者はセルバンテスである。しかしそれは本人の独創的産物ではなく、アラビア語で書かれたモーロ人の手によるものをパクった、というところにこの作品は着目するのである。更にセルバンテスを憎んでいる第三の男(アベリャネーダ)が、彼の鼻を明かすつもりで、ドン・キホーテの続編をつくり、セルバンテスと同様の技巧を駆使して、セルバンテスの前作を凌駕することを目論んでいるのだ。

ところで「私」と「西泉貴嗣」との関係は「セルバンテス」と「アベリャネーダ」との関係とパラレルになているようだ。「私」と「西泉貴嗣」はお互いに小説家であり、ある対談を介して知遇を得るに至ったのだが、それは結果として反目し合う関係にもなってしまった。小説の中の登場人物の対立と、それを取り囲む小説家同士の対立が二重構造となって話は展開する。
 
以上のように内容を説明してしまうと、随分ややこしいものにも思えるが、この本の要諦、それは「パロディ」ということになる。古今東西の文学というものが如何に他人の作品のパロディから成り立っているかということである。人は他人の作品をパクることによって新しいものを創造してきたという自明の事実を、この作品は著者である清水義範のスキルを以て展開してゆくのである。

この作品は決して深淵な純文学でも、高尚な歴史小説でもないが、機智に富んだ佳作である。簡潔にして、それでいて文学の神髄にさらりと注釈を加えているようである。プロの小説家はかくあるべきと思えるほど、饒舌で分かりやすいスタイルがある。一服の清涼剤とでもいうべきか、フィクションというものにある種の倦怠感を感じている人にはお勧めできる本かもしれない。

2008年2月11日 (月)

青幻記

映画「青幻記」をテレビで観た。原作は沖永良部島出身で、太宰治賞を受賞した一色次郎の同名の小説であり、カメラマン出身の成島東一郎監督が脚本、撮影も担当している。さらに脚本には平岩弓枝、伊藤昌輝も参加している。特筆すべきは音楽を武満徹が担当していることだろう。タイトルロールの顔ぶれを観ながら、私はとても興奮した。

オープニングから監督の個性が遺憾なく発揮されている。テレビ用のレターボックスの映像は沖永良部島の珊瑚の海の様子を鮮明に捉えている。1973年の作品であることがにわかには信じ難い。シネスコサイズのカメラにハウジングを施しての水中撮影であろうが、監督の意欲には敬服してしまう。

昭和の初め、主人公の大山稔は母と一緒に、辛い鹿児島での生活に別れを告げて、母の故郷、沖永良部島へ帰る。島には年老いた祖母が暮らしていた。若い母はとても稔に対して優しかったが、病を患っているため、幼い稔を抱擁するようなことはしなかった。年に一度、村人総出の宴の席で、母は病を押して、優雅な島の踊りを披露した。母の姿は美しかった。幸薄き母の畢生の晴れ舞台であった。

ある日稔は母と海辺で魚釣りに興じた。しばらくすると潮が満ちてきて、岩場に取り残される母と子。母は子に陸に上がって助けを呼ぶようにと叫ぶ。母は言う、「陸に向かう間こちらを振り向くな」と。助けを連れて戻った頃には岩場付近に母の姿はなかった。溺死したのだった。母の死後、島を離れた稔は30年後、再び島を訪れる。美しい母の面影が忘れられなかったからだ。稔は母が埋葬されてる墓を訪れ、遺骨を掘り起こす。そして愛しき母の頭蓋骨を強く抱きしめるのだった。生前、決して自分を抱擁することの無かった母。積年の想いを晴らすが如く、母の遺骨を抱きしめる稔。

私は「青幻記」の原作を読んでいない。したがって原作と映画との距離感を汲み取ることはできないのだが、映画の内容はとても幻想的で、色彩的で、寓話的である。映画で、主人公の稔が30年ぶりに訪れる鹿児島は、現実の昭和40年代を撮影した鹿児島であり、稔が降り立つ「西鹿児島駅」はあの三角屋根の旧駅舎であり、更に映像には甲突川に架かる在りし日の「西田橋」が姿を現し、強烈な郷愁を私などは感じ取れる。

成島監督が紡ぎだす映像は、耽美にして、空想的である。主人公の母はリアリティ溢れる母ではない。偶像的であり、神秘的である。南西諸島に残るフォークロアの匂いとも重なる。沖永良部島に色濃く残る琉球文化の香りと、古事記の中の竜宮伝説にも通じる雰囲気がある。母が子に「決して振り返るな」と言い残すくだりは、黄泉の国のイザナミとイザナギの話にも通じるものがある。

稔が母の頭蓋骨を強く抱きしめる場面があり、年代によってはかなり違和感があるやもしれない。生命の誕生と終わりを病院で迎える多くの現代人の感覚からすれば、それもやむを得ない。しかしながらそれほど遠くない時代までは土葬の習慣は残っていたし、一部の大都会を除いて、土葬が法律によって禁じられているわけではない。人間の死にはリアリティがあったのだ。

映画が終わった瞬間、強く感じた。日本人は変わったのだと。この時代のこの雰囲気を再現できる感性の持ち主など、今の日本にいるはずも無い。それはセンチメンタルな懐古主義などではない。例えようの無い喪失感である。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

無料ブログはココログ