2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« アンドリュー・ワイエス死去 | トップページ | 禁断の領域 »

2009年1月22日 (木)

A男とB子の会話!!!

あるシチュエーションに於いて、A男とB子の会話を偶然聞いていた。A男は長身でかなりイケメンの先輩、B子はいかにもブリッ子なOL。

B子:Aさん、おはようございま〜す。(右手を腰の横あたりに置き、その位置から手を振っている。)

Cocolog_oekaki_2009_01_22_18_30

A男:おはよう。昨日もここで会ったね。

B子:あっ、そうでしたっけ〜。(場所は鹿児島なのに、なぜか標準語で話すB子。)

A男は普通に鹿児島弁で話すのだが、B子はなぜか標準語で話を続ける。B子はいつもとは明らかに様子が違う。恐らくA男の前なので超ブリブリブリッ子を演じているのだろう。

最近、特に若い女の子に多いのだが、地元の女の子同士の普通の会話なのに、標準語で話している子がいる。私はそのあたりの事情を知らないので、そんな風なしゃべり方をするC子に、「君、どこの出身?」と聞いたら、「たにやま」と返事がきた。

えっ、タンニャマ〜!!(漢字で谷山と書く。鹿児島市の南部の地域で、コテコテのタンニャマ弁を話す人が多い筈!?)

昔から鹿児島では、標準語と鹿児島弁をミックスしたようなしゃべり方をする人の言葉を「唐芋標準語」と揶揄するのだが。

しかし、街頭でメディアにマイクを向けられると、なぜか標準語で返事する人多いよね。特に女の人。何なの、それって?

« アンドリュー・ワイエス死去 | トップページ | 禁断の領域 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/43820349

この記事へのトラックバック一覧です: A男とB子の会話!!!:

« アンドリュー・ワイエス死去 | トップページ | 禁断の領域 »

無料ブログはココログ