« 新燃岳が大規模な噴火 | Main | 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1) »

02/02/2011

新燃岳が大規模な噴火(2)

新燃岳の噴火が収まらない。火口には巨大な溶岩ドームが出現し、火砕流の危険性さえ帯びてきた。雲仙普賢岳のあの忌まわしい惨事は、まだまだ記憶から消え失せていない。鮮明に覚えている。

ニュース映像を観る限り、今まで通り霧島連山をゆっくりと縦走することは困難であろう。初夏を彩るミヤマキリシマの群生を見渡し、更に新燃岳火口の縁をトレッキングすることは、もう叶わないのだろうか。巨大な自然の摂理を目の当たりにすると、人間のできることなんて高が知れている。

Juso19
新燃岳と火口湖

Juso16
火口の縁に沿って

新燃岳が大規模な噴火(発見・鹿児島!blog)

霧島縦走Part2(発見・鹿児島!blog)


« 新燃岳が大規模な噴火 | Main | 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1) »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/50760058

Listed below are links to weblogs that reference 新燃岳が大規模な噴火(2):

« 新燃岳が大規模な噴火 | Main | 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1) »