2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(3)

翌日に九州新幹線全線開業を控え、他方で485系との別れを惜しむ鉄道ファンやその最後の日の様子を取材するテレビ関係者の姿をホームで見かけた。誰もこの日の午後にあの大惨事が起きようとなど考える筈もなかった。私個人としては、明日の新幹線の開業セレモニー自体には余り関心はなく、一人の鉄道が好きな中年男として、静かに485系の最後の姿を記憶に留めたいと思った。

地元のほか、県外のテレビ局も取材していたが、このとき撮ったニュースソースが実際に使われたかどうかは分らない。震災報道で埋め尽くされた番組構成に、恐らく485系のニュースが入り込む余地は無かったであろう。もっとも、そういった事情を知る由もなく、私はこの場の雰囲気に浸っていた。

485kei7
取材クルーと一緒に、一般客も記念の一枚を。

485kei8
特急「きりしま」出発直前の4番ホーム。

485kei9
485系クハ481-256

485kei10
余韻を残す間もなく485系は鹿児島中央駅から遠ざかった。

列車が去った後、自分が何故485系に惹き付けられるのかを考えてみた。無論メカニックな部分への興味もあるだろうが、恐らく鉄道と駅という不可分な要素から導きだされる郷愁ではなかろうかと理解してみた。彼の485系の姿は乗り継ぎの博多駅のホームと結びつき、有明海の夕景と結びつき、そして懐かしい「西鹿児島駅」の駅舎と駅前の風景と密接に繋がりを見せるのだ。紛れも無く故郷への思いそのものである。

岩手県出身の石川啄木は、歌集「一握の砂」のなかで、「ふるさとの訛りなつかし停車場の人込みの中にそを聴きに行く」と詠んだ。駅、鉄道は、とめどない故郷の匂い、そして連想と結びつく。この線路はまっすぐに故郷の大地に続いているのだと。「思い出」はあくまで心の中に理想像としてしまい込めるのだと感じ入った。

3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1)
3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(2)

2011年3月21日 (月)

3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(2)

学生時代、鹿児島へは新幹線と特急「有明」を乗り継いで帰省した。お金はなかったが、時間的な余裕があったので、帰省ラッシュが始まる前に東京を出発し、Uターンラッシュが終わってからゆっくりと戻るのが常だった。

飛行機とは違い、新幹線の帰省は時間がかかった。ちなみに当時「ひかり」と「有明」を乗り継いだ所要時間は約12時間であったが、現在「のぞみ」と「みずほ」を使った場合、約6時間40分弱に短縮するそうだ。これは「ひかり」の時代の東京-博多間の所要時間約7時間より短いことになる。

東京からの帰路の際、博多で乗り換えたのがL特急「有明」485系であり、ここから西鹿児島まで更に5時間かかった。もっとも熊本を過ぎ、有明海の夕暮れを眺める頃には、気持ちは三角屋根の西鹿児島駅にあり、南国日生ビルが待ち構える東口の情景であったりしたのだ。

485kei32_2
4番ホームに停車中の485系特急「きりしま」8号。 国鉄時代の配色が施されているのが嬉しい。

485kei5
昭和48年に「近畿車輌」で製造されたようだ。

485kei6
国鉄色が何とも眩しい485系「きりしま」先頭車。JNR(=JAPANESE NATIONAL RAILWAYS)のエンブレムが誇らしげだ。

3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(3)
3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1)

2011年3月20日 (日)

3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1)

九州新幹線全線開業に伴うダイヤ改正のため、3月11日は鹿児島中央-宮崎間を走っていた特急「きりしま」485系のラストランにあたり、個人的にも思い入れの深いこの車両の県内での最後の勇姿を瞼に焼き付けようと、何とか都合を付けて鹿児島中央駅に駆けつけた。

東口のアミュ広場では12日の開業イベントの準備が着々と進んでおり、青森から運ばれたであろう色鮮やかな「ねぷた」が広場に据え置かれ、華やいだ雰囲気を醸し出していた。長年の県民の悲願であった九州新幹線の全線開通が明日に迫っていたのだ。

485kei1
写真はこの日の午前中に撮ったもの。震災のため、開業イベントは中止となった。

485kei21
イベントは中止になったが、青森の方々との心温まる絆は大切にしたい。本当にそう願っている。

485kei22
色々なトラブルに見舞われた「西郷どーん」のカウントダウン用ボード。その数字も、わずか19時間あまりとなった。西郷どーん、お疲れさまでした。

485kei31
この料金表も今日で見納め。「特急リレーつばめ号」の文字が見える。

3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(2)
3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(3)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

無料ブログはココログ