2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1) | トップページ | 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(3) »

2011年3月21日 (月)

3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(2)

学生時代、鹿児島へは新幹線と特急「有明」を乗り継いで帰省した。お金はなかったが、時間的な余裕があったので、帰省ラッシュが始まる前に東京を出発し、Uターンラッシュが終わってからゆっくりと戻るのが常だった。

飛行機とは違い、新幹線の帰省は時間がかかった。ちなみに当時「ひかり」と「有明」を乗り継いだ所要時間は約12時間であったが、現在「のぞみ」と「みずほ」を使った場合、約6時間40分弱に短縮するそうだ。これは「ひかり」の時代の東京-博多間の所要時間約7時間より短いことになる。

東京からの帰路の際、博多で乗り換えたのがL特急「有明」485系であり、ここから西鹿児島まで更に5時間かかった。もっとも熊本を過ぎ、有明海の夕暮れを眺める頃には、気持ちは三角屋根の西鹿児島駅にあり、南国日生ビルが待ち構える東口の情景であったりしたのだ。

485kei32_2
4番ホームに停車中の485系特急「きりしま」8号。 国鉄時代の配色が施されているのが嬉しい。

485kei5
昭和48年に「近畿車輌」で製造されたようだ。

485kei6
国鉄色が何とも眩しい485系「きりしま」先頭車。JNR(=JAPANESE NATIONAL RAILWAYS)のエンブレムが誇らしげだ。

3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(3)
3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1)

« 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1) | トップページ | 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/51176242

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(2):

« 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(1) | トップページ | 3月11日金曜日、鹿児島中央駅にて(3) »

無料ブログはココログ