2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 女が愛に生きるとき | トップページ | 草間彌生のように生きたいけれど »

2011年6月25日 (土)

中陰の花

先日、イギリスの著名な理論物理学者のホーキング博士が、ガーディアン紙のインタビューに応え、「天国は存在しない。それはおとぎ話に過ぎない。」と発言し、話題になった。「私は脳をコンピューターのようなものと考えている。構成要素が働かなくなると機能が停止することになる。天国とか、死後の世界なんてものは存在しない。」と博士は説明した。

唯物論においては、事物の根源は物質や物理現象であり、心や精神は脳髄の働きであるに過ぎない、と定義づける。博士の考えはこの唯物論に限りなく近いし、それ自体別に不可思議な発想ではない。唯物論と唯心論は事柄を捉える角度の違う観念付けあり、絶対的な対立軸とみなすものではないと思う。

私はホーキング博士が唯物論を堅持する立場は理解できる。なぜなら天国とか地獄とか、死後の世界の存在が周知の事実として客観的に証明されているわけではない以上、科学者の立場として、それを否定する理屈も成り立つわけだ。またその逆も然りである。

ただ例えば、ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」とか、ミケランジェロの「最後の審判」などの神とか天国や地獄の存在を前提としているであろう作品群、あるいは数多の仏教美術などが生まれなかったと仮定した場合、人間の想像世界は何と味気ないものであるかと考えるのである。

玄侑宗久さんの「中陰の花」は初めて読んだが、とても楽しめた。作者が現役のお寺の住職であるために、小説のなかに仏教的な世界観が広がることはある程度予想でき、また難解な仏教用語がちりばめられていることも理解できるが、それ以上に作品の本質が夫婦愛や隣人愛などのベーシックな価値に連なっていることが共感できた。この世とあの世の中間の「中陰」という位置づけも読者の好奇心を刺激する。 

巻末の河合隼雄さんの「解説」と作者の「文庫版のためのあとがき」は、なるべく読んで欲しい。 作品への理解が深まると思う。 

Stephen Hawking: 'There is no heaven; it's a fairy story'(Guardian.co.uk)

私だけの仏教(発見・鹿児島!blog)

« 女が愛に生きるとき | トップページ | 草間彌生のように生きたいけれど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/52023281

この記事へのトラックバック一覧です: 中陰の花:

« 女が愛に生きるとき | トップページ | 草間彌生のように生きたいけれど »

無料ブログはココログ