2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ゼロの焦点 | トップページ | 旧鹿児島紡績所技師館 »

2011年11月29日 (火)

美味しさに感謝

パリのホテルでルームサービスを頼んで運ばれてきた朝食は、マグカップになみなみと注がれたカフェオレと、かご一杯のクロワッサンだった。サラダがつくわけでもなく、ベーコンが添えられるわけでもなく、極めてシンプルなものであったが、緯度が高いパリの冬は夜が明けるのも遅く、温かいカフェオレとバターたっぷりのクロワッサンは贅沢この上ないものだった。

ベルリンのデリカテッセンで買い求めたサンドイッチはバゲットに厚切りのサーモンやニシンの薫製が挟まったオープンサンドで、ボリューム満点で食べ応えがあった。ドイツといえばライ麦パンが有名だが、黒いライ麦パンは酸っぱくてあまり美味しくないので、小麦で作られたバゲットなどのフランス系のパンをよく見かけた。

日本人がクロワッサンやバゲット、ベーグル、あるいはフォカッチャ等を食べながら、カフェオレやカプチーノを楽しむのと同様、EU統合で、人の往来が自由なヨーロッパでも食文化はボーダレスになっており、フランス人が普通にエスプレッソを楽しみ、ドイツ人が普通にクロワッサンをほおばる。ごく当たり前の光景だ。

某所の待合室で地元のタウン誌を眺めていたら、「ベッカライ・ダンケン」の新店がオープンした記事を見つけた。欧風の瀟洒な店構えで、パンが好きな私は居ても立ってもいられなくなった。新しい谷山店は新興住宅地の比較的広い道路沿いにあり、ピークの時間帯を避けたつもりであったが、24台分のスペースがある大きな駐車場は満車で、しばらく空くのを待たねばならなかった。盛況ぶりがうかがえた。

"BÄCKEREI DANKEN"というドイツ語の名前ながら品揃えは多国籍で、バゲット、デニッシュ、ドイツパン、そしてアンパンや調理パンなどが、広い店内に所狭しと陳列されていた。イートインスペースもかなり広く、ほとんどが女性である来客に格好のティータイムの場を提供していた。

私はグラハムパンを一斤購入した。発酵にはルヴァンを使用しているようだ。食パンはパン屋の実力を知る上で格好のサンプルになる。パンの旨味が解り易いからだ。掛け値なしで美味しかった。私も自家製の天然酵母でパンを作るので、それが大変なのは理解しているつもりだが、これだけ美味しくて、しかも安いと素人の出る幕がなくなってしまう。パン作りはプロのパン屋に任せた方が利口ということか。

鹿児島でこんな美味しいパンを賞味できる今の時代にまさに「感謝」。

Danken1_2
新しい住宅地にオシャレな洋風の店構えが目を引く。


ベッカライ・ダンケンの公式サイト

« ゼロの焦点 | トップページ | 旧鹿児島紡績所技師館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/53357292

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しさに感謝:

« ゼロの焦点 | トップページ | 旧鹿児島紡績所技師館 »

無料ブログはココログ