2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

小粋な「贈り物」

地元の情報誌やブログ(主に女性による)などを読むと、この店が登場する頻度が高いことに気がついた。名前はルカドー(Le Cadeau)で、パンが好きな私としては、居ても立ってもいられなくなった。写真には見事なパンが並んでいる。どれほどのものかと、好奇心を携えて、店がある下竜尾町へ向かった。

小ぎれいな店構えは、「街角のパン屋」としての近しい雰囲気を漂わせている。その「匂い」は店内に入っても変わらず、決して華美ではない、趣味の良い調度品は、訪れる者にほどよい安心感を与える。ただ午前中の比較的早い時間であったため、客は私一人で、内部をゆっくり凝視するのをためらった。

「ランチボックスありますか?」と尋ねると、「少しお待ちください」と返事があった。「デジュネ」と呼ばれる商品で、フランス語で「昼食」を指す。ちなみに「プチ」をつけ、「プチ・デジュネ/petit déjeuner」にすると「朝食」の意味になる。代金を支払い、足早に店を後にした。

車中でランチボックスの入った袋を開けた。ため息が漏れた。膝の上に載せた10センチ四方の紙製のボックスに、透明なフィルムの包装が施されていた。全粒粉入りであろうか、野菜がたっぷりと、そしてベーコンをサンドしたパン。その横にはキッシュとアーモンドスライスのタルトが並ぶ。封緘紙にはお洒落な"Le Cadeau"のロゴ。

キッシュが絶品だ。卵の旨味とまろやかさに、温かいコーヒーの苦みが精妙なバランスを保っている。「これって、お重やわっぱめしのイメージだ」と気づいた。10センチ四方の器のなかに、日本的美意識が凝縮されているかのよう。小粋な贈り物。大切な女性の領分を侵してしまったのかも。

2012年1月22日 (日)

干し柿

苦手な食べ物は誰にでもある。私は納豆、ブルーチーズ、干し柿、セロリが駄目だった。どれも強烈な風味を備えたものだ。特に納豆は関西以西では馴染みが薄く、子供の頃食卓に納豆が登場することはなかった。

進学のため上京してから納豆を目にする機会が増えた。学食で納豆を美味しそうに食べる友人を見つめながら、最初その「臭い」を敬遠していたのだが、試すうちに、その味覚に慣れてきた。今は好物だ。同様にブルーチーズ、セロリも次第に食べられるようになり、現在では全く問題ない。

スーパーに干し柿用の柿が売っていた。ネットで調べたら割と簡単にできそうなので、20個ほど購入した。ピーラーで皮をむき、湯通ししてから屋外に干してみた。雨に濡れるのには気をつけたが、それ以外は放ったらかし。一月も経つと表面に白い粉状のものが現れた。食べごろだ。

納豆やブルーチーズなどの発酵食品と同じく、干し柿には先人の知恵が活かされている。渋柿を冬の乾いた寒風に晒すことによって、タンニンの渋みが抜け、甘くなるのだ。その特徴的な味覚から、干し柿もあまり好きではなかたっが、遂にはこちらからも目が離せなくなった。白い粉は糖分が結晶化したものだそうだ。熟成した証拠だ。来年は倍に増やそうと思う。

Persimmon


2012年1月19日 (木)

脚本家向田邦子の顔

1月3日にBS朝日で「向田邦子が、教えてくれること」という番組があった。向田邦子没後30年の企画で、女優の山口智子が脚本家の向田邦子と縁のある場所を案内するものだった。もちろん「故郷もどき」の鹿児島のことも紹介された。没後30年で思い出したのは、「かごしま近代文学館」がやはり同様の企画展を開催していることで、長い期間だと思い込んでいたが、今月30日で終了するらしいので、慌てて足を運んだ。

この「かごしま近代文学館」は鹿児島と関係の深い海音寺潮五郎、林芙美子、椋鳩十、梅崎春生、島尾敏雄ら、5人の作家の常設展示があり、また2階の同じく向田邦子の常設コーナーでは、彼女の自宅のリビングの様子を再現していたり、実際に着用したトレンチコートやバッグが飾られている。今回、同じ2階の他の作家の常設展示のスペースを企画展のために割いている。

テレビのホームドラマ全盛期の「だいこんの花」「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」のような作品から「阿修羅のごとく」「あ・うん」「蛇蝎のごとく』などのおどろおどろしいものまで、それぞれの台本、原稿、写真などの資料を多数展示している。1981年の「源氏物語」が私の気を惹いた。配役は光源氏が沢田研二で、桐壺、藤壺が八千草薫(二役)と、かなり危ない雰囲気を秘め、当時話題になった。

かごしま近代文学館・かごしまメルヘン館の公式サイト

2012年1月 6日 (金)

ミューズリー

年の瀬にアミュプラザの"KALDI"でコーヒー豆を買うために、30分間無料の駅前駐車場に車を停めた。その足で駅ビルと反対側の"Bäckerei danken"中央店へも行き、一口サイズのアンパンとグラハムパン、そしてミューズリーを買った。クリスマスが近かったので、レジ横に試食用のシュトレンが置いてあり、なんと二切れも取って、食べながら駐車場へ急いだ。駐車代は課金されずに済んだ。

Wikipediaによれば、ミューズリー(Müsli)はスイスが発祥の地であり、燕麦やドライフルーツ、豆類を混ぜ合わせたシリアル食品で、コーンフレークのように牛乳やヨーグルトをかけて食べるらしい。"Bäckerei danken"では、これらシリアルをパン生地に練り込んで焼き上げており、歯ごたえがあって実に旨い。レーズンが入っているので甘みがあり、そのまま食しても大丈夫だ。至福のひとときですね。


ベッカライ・ダンケンの公式サイト

2012年1月 4日 (水)

Winter Dream

Snow1

Snow2
写真は昨年の元日の風景。

小児の夢は残念な気持ち、憧れ、満たされなかった願望などをあとに残すような日中の体験に対する反応であり、夢はこの願望を、直接にむきだしに満たしてくれる。(以上は精神分析入門(上)フロイト/高橋義孝・下坂幸三訳 新潮文庫161頁からの引用)

夢は全体としては或る他のもの、すなわち無意識的なものの歪曲された代理物であり、夢解釈の課題はこの無意識的なものを発見することにある。(以上は精神分析入門(上)フロイト/高橋義孝・下坂幸三訳 新潮文庫142頁からの引用)

われわれは時々は、この世のものとなる以前の状態、いわば母胎内の存在に戻る。少なくとも、胎内にあった時と非常によく似た状態を作り出す。それはあたたかく、暗い、刺激のない状態である。(中略)これが眠りというものであれば、結局、夢は眠りのプログラムには載っていないものになる。(中略)夢のない眠りを最良の眠り、ただ一つの正しい眠りと考えるわけである。(以上は精神分析入門(上)フロイト/高橋義孝・下坂幸三訳 新潮文庫107頁からの引用)

今年の正月は穏やかな日和であった。不思議なもので、昨年の元日のような大雪を経験すると、それが鹿児島のような極めて稀な場所では、遠い日の夢のごとき体験として、かなり美化された現象として、記憶に留まる。素直な願望であり、あるいは不可思議な、断片的なものであるけれど。南国の短い雪は北の国への限りない憧憬へと連なる。


2012年1月 1日 (日)

謹賀新年2012

新年おめでとうございます。

昨年は日本人にとって辛い一年だったと思います。

けれど人の温かさを感じた一年でもありました。

少しでも明るく希望が持てる一年にしたいものです。

今年も発見・鹿児島!blogをよろしくお願いします。

Newyear2012


« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

無料ブログはココログ