2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 謹賀新年2012 | トップページ | ミューズリー »

2012年1月 4日 (水)

Winter Dream

Snow1

Snow2
写真は昨年の元日の風景。

小児の夢は残念な気持ち、憧れ、満たされなかった願望などをあとに残すような日中の体験に対する反応であり、夢はこの願望を、直接にむきだしに満たしてくれる。(以上は精神分析入門(上)フロイト/高橋義孝・下坂幸三訳 新潮文庫161頁からの引用)

夢は全体としては或る他のもの、すなわち無意識的なものの歪曲された代理物であり、夢解釈の課題はこの無意識的なものを発見することにある。(以上は精神分析入門(上)フロイト/高橋義孝・下坂幸三訳 新潮文庫142頁からの引用)

われわれは時々は、この世のものとなる以前の状態、いわば母胎内の存在に戻る。少なくとも、胎内にあった時と非常によく似た状態を作り出す。それはあたたかく、暗い、刺激のない状態である。(中略)これが眠りというものであれば、結局、夢は眠りのプログラムには載っていないものになる。(中略)夢のない眠りを最良の眠り、ただ一つの正しい眠りと考えるわけである。(以上は精神分析入門(上)フロイト/高橋義孝・下坂幸三訳 新潮文庫107頁からの引用)

今年の正月は穏やかな日和であった。不思議なもので、昨年の元日のような大雪を経験すると、それが鹿児島のような極めて稀な場所では、遠い日の夢のごとき体験として、かなり美化された現象として、記憶に留まる。素直な願望であり、あるいは不可思議な、断片的なものであるけれど。南国の短い雪は北の国への限りない憧憬へと連なる。


« 謹賀新年2012 | トップページ | ミューズリー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/53643663

この記事へのトラックバック一覧です: Winter Dream:

« 謹賀新年2012 | トップページ | ミューズリー »

無料ブログはココログ