« 小粋な「贈り物」 | Main | 男の肖像 »

02/05/2012

内田光子の「皇帝」

ウィルヘルム・バックハウスによるベートーベンのピアノ協奏曲「皇帝」は名盤の誉れ高いし、私も長年聴いてきたが、1959年の録音で、50年以上の年月が経っており、録音テープのヒスノイズがかなり目立つ。大きな音量で聴くのは辛い。名器"Bösendorfer"の音色がお好みの方もおられるだろうが。

内田光子の「皇帝」は1998年の録音で、10年以上の歳月が流れたが、クリアなサウンドで、テクノロジーの格段の進歩を見せつけられる。ピアノの専門的なことは分らないが、強靭なタッチであるし、その上たおやかな表情がある。内田の篤実な人柄がストレートに伝わってくる。美しいとしか言いようがない。

故クルト・ザンデルリンクの手堅いサポートを得たこの演奏は、とにかく録音が素晴らしく、ピアノの表現力を十分に堪能できる。amazon経由でRAREWAVES-JPから購入した。ピアノ協奏曲全集中の一枚であり、買った時点での値段はCD3枚組、送料込みで¥1,492。


« 小粋な「贈り物」 | Main | 男の肖像 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/53886629

Listed below are links to weblogs that reference 内田光子の「皇帝」:

« 小粋な「贈り物」 | Main | 男の肖像 »