2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

大隅横川駅

Yokogawa1_2
駅舎前には石雛が飾れていた。お内裏様は「なでしこジャパン」の佐々木監督、お雛様は澤穂希選手。

Yokogawa6
嘉例川駅よりも一回り広い待合室。時の移り変わりの目撃者。

Yokogawa3
明治36年開設の大隅横川駅々舎。漆喰の白壁に梁と柱の骨組みが本物を感じさせる。

Yokogawa4
機銃掃射の跡

Yokogawa5
街中に現役の駅舎が存在することの意義は大きい。

Yokogawa7
確かに駅員が常駐した時代があった。人と人との交流があった。現在は地元の方々が大切にこの無人駅を手入れしている。その思いは十分伝わってくる。

Yokogawa8
上り列車の姿が見えてきた。本数は少ないが、現役路線であることのありがたさを噛み締める。

全国に「横川」という名が付くJRの駅は三つあるらしい。群馬県にある信越本線の横川駅、広島県にある山陽本線の横川駅、そして鹿児島県の肥薩線の大隅横川駅である。信越本線の横川駅は個人的にも思入れが深い。ここで釜飯を買い、難所である碓氷峠を越え、浅間山を横目にしながら、長野駅へたどり着いたからだ。

大隅横川駅は大隅(国)の横川にある駅である。藩政時代の薩摩国と大隅国の境が何処だったのか、鹿児島の人間もあまり知らない。姶良市にある白銀坂あたりが国境であったらしいが、何れにしても現霧島市横川町は大隅に属していた。

2003年に肥薩線が開業100周年を迎えたことを記念して、鹿児島中央ー吉松の間を特急「はやとの風」が走り、開業当時と変わらぬ、純木造駅舎が現存する嘉例川駅と大隅横川駅に停車することになった。そのお陰で、この駅の様子も一変した。以前は玄関口横に無造作に清涼飲料水の自動販売機が置かれていたが、それも隅の目立たないところに移された。

嘉例川駅同様、地域の方々がこの駅に再び注目し始めたので、全体として手入れの行き届いた、良い意味での鄙びたローカルステーションの雰囲気を漂わせている。もちろん移動手段の最たるところは、車に取って代わられているけれど、横川の町に駅が存在する象徴的な意味は大きい。何よりも建物が、単なる飾りものではなく、現役としての責務を担っていることが喜ばしい。

肥薩線(発見・鹿児島!)

2012年3月24日 (土)

南海トラフ

日本列島はユーラシアプレート、北アメリカプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートがいびつに絡み合い、特異な地殻を形成している。それらのプレートが急激に地中内部に引き込まれ、日本が沈没してしまうというのが、小松左京の「日本沈没」の物語の骨子だったと思うのだが、改めて日本列島を世界地図で眺めたとき、南北3000キロに及ぶ島々はか細く、とても頼りない。ここ最近の地震を思い返したとき、わが国土が如何に脆弱な地殻の上に存在していることをまざまざと見せつけられる。

北海道南西沖地震は、1993年に起きた。北海道奥尻島の日本海海底で発生し、マグニチュード7.8、推定震度6。阪神淡路大震災は1995年に起きた。マグニチュード7.3、震度7。新潟県中越地震は2004年起きた。マグニチュード6.8で震度は7。そして東日本大震災は2011年3月11日14時46分に起き、日本の観測史上最大のマグニチュード 9.0を記録し、震度は7であった。僅か20年足らずの間でも大地震は頻繁に起こっている。

東日本大震災から1年が経過することに鑑み、鹿児島でも地元のテレビ局が報道特集を組んでいた。宮城県石巻市では北上川を津波が4キロも遡上し、大川小学校では84人もの犠牲者が出たことが報告されていた。地震発生から30分も間隔が空いていたのに何故住民が逃げなかったのかが問題となった。

ゲストの高知大学の岡村教授は、石巻では震度が6弱で建物の被害が深刻でなく、住民の曖昧な経験則から、津波は無いと判断され、避難の意識が希薄になっていたことを指摘された。これは阪神淡路大震災の時も同様であった。関西には大地震は起こらないという、曖昧な経験則に基づいた住民の意識は、大震災に対して無防備だった。

内閣府の「南海トラフの巨大地震モデル検討会」は、昨年の暮れ、南海トラフの想定される震源域を従来より2倍に広げた中間報告を発表した。地震規模を示すマグニチュードを9.0に設定した。それによると、これまでの東海、東南海、南海の震源想定域に加え、四国沖から日向灘に範囲を広げるということだ。更に番組では南西諸島全域に及ぶ「琉球海溝」も、フィリピン海プレートがユーラシアプレートへの沈み込みを強めいているため、地震の危険度が高いことを示していた。

今一度世界地図を眺めて欲しい。日本列島は世界最深のマリアナ海溝を始めとして、伊豆・小笠原海溝、千島・カムチャッカ海溝、日本海溝、琉球海溝などの世界有数の海溝群の上に僅かに顔を出した、実にひ弱な島国だ。海溝はプレートが別のプレートの下に潜り込む場所であり、そのメカニズムが地震発生の原因となる。「日本沈没」のように国土が海中に埋没し、消滅しない以上、我々はここで生きていくうえで、それなりの覚悟がいる。

南海トラフ(Wikipedia)

地震のしくみ(四日市市)地震のしくみが解り易く紹介されている。

2012年3月18日 (日)

アルバン・ベルク四重奏団

アルバン・ベルク四重奏団による「ベートーベンの弦楽四重奏曲全集」の売り上げは100万枚を突破しているそうだ。驚異と言うしかない。クラシック音楽の中でも、とりわけ室内楽は地味な分野だと思うが、その全集がミリオンセラーなんて、もう神業に等しい。

変動著しいアマゾンの価格帯において、このCDは今のところ1800円台に戻る気配がないので、購入することにした。2月20日の最安値からすれば+173円となるが、早くこの全集が聴きたいという欲求のほうが勝った。

7枚のCDが紙製のボックスに収められていて、とても丹念な装幀だ。ネット配信が隆盛を極めている昨今、クラウドに収められた音楽を聴くのも効率的ではあるが、私は古いタイプの人間なので、CDと呼ばれる「物体」をありがたく思っている。

とりあえず有名な弦楽四重奏曲9番(ラズモフスキー第3番)と後期の大作である弦楽四重奏曲14番が入った6枚目のCDを聴いてみた。9番は曲想が明確で、とても解り易い。14番は7楽章形式の壮大な作品で聴き応えがある。その完成度の高さから、後の作曲家にとっては突破し難い関門となったようだ。

EMIからWARNERへレーベルが変わり、ジャケットのデザインも執筆当時と変更されています。

プライスチェック(アマゾン商品の価格変動を見るサイト)


2012年3月10日 (土)

平川動物公園

Hirakawa1

Hirakawa2

Hirakawa3

現在、平川動物公園は大規模なリニューアル中で、新たにクロヒョウ・ジャガー舎、ライオン・オオカミ舎などがオープンする予定だ。
平川動物公園の公式サイト

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

無料ブログはココログ