2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年4月

2012年4月22日 (日)

ジェラール・フィリップ

ジェラール・フィリップはフランス・カンヌ出身の俳優で、1940年代後半から1950年代のフランス映画界で、二枚目スターとして活躍し、1950年代のフランスの美としてその人気を不動のものとした。ちなみに1940年代の美はジャン・マレーであり、1960年代の美はアラン・ドロンである。またその持ち味も、マレーが感性、ジェラールは知性、ドロンは野心の美であるそうだ。愛称はファンファン。フランスのジェームズ・ディーンとも呼ばれている。下線部はWikipedia「ジェラール・フィリップ」からの引用。

映画「赤と黒/le rouge et le noir/スタンダール原作」をジェラール・フィリップ没後50年に合わせてデジタルリマスター化したものがNHK-BSで放送された。監督のクロード・オータン=ララは、「肉体の悪魔」でもジェラールを起用しており、監督はジュリアン・ソレルを演じれるのはジェラールしかいないと、8年の歳月を費やして、彼を口説き落としたらしい。

ジェラールは1959年に36歳の若さで没したので、私は彼のことをほとんど知らない。以前同じNHK-BSで「肉体の悪魔」が放送されたのを観ていたが、あまり深い印象は持っていなかった。「赤と黒」は原作に忠実な映画化である。ルイーズ役のダニエル・ダリューもマチルド役の アントネッラ・ルアルディも綺麗な女優さんだが、ジェラールの美しさには存在が全く霞んでしまう。(ゴメンナサイ)

いい男だよ、この人。映画大好き女子必見だな。「天文館シネマパラダイス」の関係者の皆さん、どうです?


ジェラール・フィリップ公式サイト

2012年4月20日 (金)

小澤征爾のポートレート

この小澤征爾のマーラーの交響曲のLPはとても誇らしかった。一流レーベル、ドイツグラモフォンのレコードのジャケットには、当時41歳の彼の若さみなぎるポートレイトが浮かび上がっていた。このとき、73年にアメリカ東部の名門ボストン響の音楽監督に就任してから、4年目を迎えていた。メジャーオーケストラの圧倒的なサウンドを手中にした彼の自負心が、写真には漂っているかのよう。

その後、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの客演、そしてウィーン国立歌劇場音楽監督就任と、輝かしいキャリアを積み、黒澤明と小澤征爾は、日本が単に先進工業国としてだけではなく、文化大国としての威信を世界に知らしめてくれた最大の功労者であった。鷹揚としたなかに、溌剌として、一心不乱にフィナーレに突き進むその指揮ぶりに、私の気持ちも高ぶった。あのLP盤の発売から30年余り。オリジナルジャケットを用いた廉価なCD版は「花の章」が加わっている。私は小澤さんの全快を心より願っている。


2012年4月15日 (日)

天然酵母

発酵力を強くするため、果物で作った酵母液を強力粉と合わせて中種を作る。気温が低い場合、天然酵母の発酵はなかなか進まない。当然時間はかかるが、このあたりもパン作りの醍醐味と考えればよい。

手始めにブレートヒェン(Brötchen)を作ると決めた。ドイツの代表的な白パンで、地域によって呼称が異なる。ドイツの北部から中部にかけてはブレートヒェン、南部のバイエルンからオーストリアではゼンメル(Semmel)と呼ぶらしい。

一次発酵完了までに室温で半日を費やした。前日の夜にパン生地をこねるのだが、夜の10時に仕込んで一晩置き、ガス抜きをし、丸く成形して二次発酵を始めたのが午前10時頃。手間がかかる分、興味は尽きない。

Broetchen1
生地に切れ込みを入れる。いよいよオーブン投入。

Broetchen2
切れ込みが浅かったためか、焼き上がった後、目立たなくなった(笑)。

参考レシピ
Cpicon 全粒粉の丸パン*自家製天然酵母で by ミケさち

Cpicon 自家製天然酵母でシンプルな丸パン by はなこう

2012年4月 8日 (日)

イースト臭

暖かくなってきたので、久しぶりにパンを作ろうと考えた。そうは言っても気温は20℃前後で、天然酵母のものを室温で発酵させるのは辛い。去年の秋に購入し、使いきらず、冷蔵庫にそのままにしていた「赤サフ」を取り出した。

材料をこね上げ、ボールに入れ、ラップしたものを窓辺の陽当たりの良い場所に置いてみたら、徐々に膨らみ始めた。さすがドライイースト。保存が効き、使えば簡単に膨張する。失敗は先ずない。但しイースト臭はかなりする。「赤サフ」の臭いは控えめだとの評判だが。

パン生地を丸めてパン型に入れるのだが、生地がまるでゴムみたいで、妙に弾力性がある。天然酵母を使うと、生地に粘り気があり、餅のようにべたべた引っ付く。パンを焼上げた後、型から外すとき、ドライイーストは楽に外れるのだが、天然酵母だと型にこびりつくことがある。ドライイーストは全く簡便な工業製品だ。

Bread


« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »

無料ブログはココログ