2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 小澤征爾のポートレート | トップページ | 炎のランナー »

2012年4月22日 (日)

ジェラール・フィリップ

ジェラール・フィリップはフランス・カンヌ出身の俳優で、1940年代後半から1950年代のフランス映画界で、二枚目スターとして活躍し、1950年代のフランスの美としてその人気を不動のものとした。ちなみに1940年代の美はジャン・マレーであり、1960年代の美はアラン・ドロンである。またその持ち味も、マレーが感性、ジェラールは知性、ドロンは野心の美であるそうだ。愛称はファンファン。フランスのジェームズ・ディーンとも呼ばれている。下線部はWikipedia「ジェラール・フィリップ」からの引用。

映画「赤と黒/le rouge et le noir/スタンダール原作」をジェラール・フィリップ没後50年に合わせてデジタルリマスター化したものがNHK-BSで放送された。監督のクロード・オータン=ララは、「肉体の悪魔」でもジェラールを起用しており、監督はジュリアン・ソレルを演じれるのはジェラールしかいないと、8年の歳月を費やして、彼を口説き落としたらしい。

ジェラールは1959年に36歳の若さで没したので、私は彼のことをほとんど知らない。以前同じNHK-BSで「肉体の悪魔」が放送されたのを観ていたが、あまり深い印象は持っていなかった。「赤と黒」は原作に忠実な映画化である。ルイーズ役のダニエル・ダリューもマチルド役の アントネッラ・ルアルディも綺麗な女優さんだが、ジェラールの美しさには存在が全く霞んでしまう。(ゴメンナサイ)

いい男だよ、この人。映画大好き女子必見だな。「天文館シネマパラダイス」の関係者の皆さん、どうです?


ジェラール・フィリップ公式サイト

« 小澤征爾のポートレート | トップページ | 炎のランナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/54534158

この記事へのトラックバック一覧です: ジェラール・フィリップ:

« 小澤征爾のポートレート | トップページ | 炎のランナー »

無料ブログはココログ