« August 2012 | Main | November 2012 »

September 2012

09/20/2012

ドクトル・ジバゴ

最近ブルーレイ・レコーダーを購入した。早速レンタル・ビデオ店でBDの性能を堪能できるソフトを探した。「ドクトル・ジバゴ 」が眼に留まった。懐かしい一枚だ。子供の頃、淀川長治さんの日曜洋画劇場で観た覚えがある。

監督は巨匠デヴィッド・リーン。「旅情」「アラビアのロレンス」「戦場にかける橋」等々、映像の素晴らしさは、もちろんのこと、音楽も普遍性のあるものとなっている。担当したモーリス・ジャールはフランス人で、シンセサイザーによる作曲が有名なジャン・ミッシェル・ジャールは彼のご子息だ。

ユーリー・ジバゴ役のオマー・シャリフはエジプト人で、「アラビアのロレンス」での部族長アリの役回りも印象深い。ちなみに「アラビアのロレンス」の音楽もモーリス・ジャールが担当。腹違いの兄、エフグラフ・ジバゴ将軍は名優アレック・ギネスが演じている。その他、ラーラのテーマが有名なラーラにはジュリー・クリスティ、トーニャには喜劇王チャールズ・チャップリンの実の娘、ジェラルディン・チャップリンが熱演。

ハイビジョン映像がとても美しい。上映時間が3時間以上に及ぶ大作であるが、天然色のフィルムは傷一つなく鮮やかに補正されている。銀塩フィルムの柔らかな色調が、今更ながら恋しくなった。1965年の作品だが、芳醇なステレオ録音を満喫できる。

ロシア革命という時代のうねりに翻弄され、悲劇的な運命を全うした、実にチャーミングなヒーローとヒロインのおとぎ話のような恋物語。久しぶりに観終わったあとの幸せな余韻に浸ることができた。

09/09/2012

西大山駅

Kaimon1
これほどまでにプラットホームからの眺めが素晴らしい駅を私は知らない。

Nishioyama9
ホームは熱心な鉄道ファンで賑わっていた。

Kaimon4
開聞岳の端正なすがたを目の当たりにすると誰しも心躍る。


9月に入り、まだまだ残暑厳しい鹿児島であるが、朝夕は涼しくなり、すごしやすくなってきた。昨今の鉄道ブームの影響か、指宿市の西大山駅も随分様変わりをしたようだ。以前は国道沿いに場所を示す案内板などなく、熱心な鉄道マニアを除いて、駅に足を運ぶ観光客など皆無だったが、整備された駅前駐車場では、記念写真を撮って、足早に次の目的地に向かう人々の車の往来が印象に残った。

かなりコマーシャリズム色の濃い西大山駅に変貌したが、地域浮揚の足がかりともなれば、それもやむを得ないのかもしれない。いずれにしてもこの駅から仰ぎ見る薩摩富士は、天下の絶景であること間違いないのである。

開聞岳・なのはな号の旅PART2(発見・鹿児島!)


« August 2012 | Main | November 2012 »