2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ジェームズ・繁田 | トップページ | ブリジット・フォッセー »

2013年3月25日 (月)

くじらの眠る丘

3月10日に南さつま市大浦町に「くじらの眠る丘」がオープンした。当所はマッコウクジラの骨格の標本を展示しており、年中無休、無料で見学できる。

Whale1_2
大浦町の「ふるさと館」と同じ敷地にある。

Whale2
全長13M、オスで、年齢は23歳。

Whale3
2階から全体を見渡せる。凄い迫力。まるで恐竜の骨格だ。

Whale5
後ろより。

Whale6
クジラ達の記憶

2002年の1月22日にマッコウクジラの集団座礁が、大浦町の小湊干拓海岸で起こった。14頭は全てオスだった。マッコウクジラのようないわゆるハクジラには集団座礁(=Mass Stranding)が経験上多く発生し、原因として、(1)クジラの超音波探知が浅瀬では効かなくなり、方向感覚を失う、(2)耳腔や耳石の障害、などが挙げられる。

尚、この施設の建設の目的は「平成14年1月22日、旧大浦町小湊干拓海岸にマッコウクジラ(14頭)が座礁しました。座礁後、10年が経過しましたが、この時座礁したマッコウクジラ(1体)を骨格標本として永久保存し、後世へ座礁の記録を継承するため、「くじらの眠る丘」を建設し、新たな地域観光資源としての有効活用と市内外からの誘客を図り、観光・交流を促進するものです。」ということだ。下線部は南さつま市のホームページから引用しました。

鹿児島県南さつま市のホームページ

座礁鯨(Wikipedia)

笠沙・坊津PART1(発見・鹿児島!blog)

Cetacean stranding
A unique museum has opened in Oura Town,Minami-Satsuma City since January 22, 2013. The skeleton of sperm whale has been displaying, and you can visit there 7 days a week. Admission fee is free.

On January 22, 2002, Cetacean stranding occurred at Kominato Coast in Oura Town,Minami-Satsuma City.All of them(14 sperm whales) were male. The skeleton on display at the museum is one of them.

The mass stranding frequently occurs in toothed whales like sperm whale . The reasons are as follows: (1) Ultrasonic detection of whale becomes ineffective near the coast and loses sense of direction. (2) disorders of the ear and otolith, and so on.


大きな地図で見る


« ジェームズ・繁田 | トップページ | ブリジット・フォッセー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/57031507

この記事へのトラックバック一覧です: くじらの眠る丘:

« ジェームズ・繁田 | トップページ | ブリジット・フォッセー »

無料ブログはココログ