2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« アンソニー・クイン | トップページ | 小さな木の実 »

2013年7月29日 (月)

確かにね

林修さんの「いつやるか? 今でしょ!」を本屋で立ち読みした。ゆっくり読む時間がなかったので、目次を眺めて、面白そうな部分だけ拾い読みした。

そのなかで、成績が優秀な子ほど、オーソドックスな名前、すなわち普通に読める名前である、という部分を注目しながら、説得力のある記述に興味を惹かれた。成績が上位の子供ほど、◯◯子という名前が多いのだそうだ。

更に読み方が難解な名前の子は、親の期待とは裏腹に、一生自分の名前の読み方を説明することに労力を費やすことになるとも。

確かに歴代の総理大臣の名前を振り返ってみると、読みが難解な人は数えるほどしかいない。林さんの説明は、詳細かつ広汎なデータに基づいた客観的な結論ではないので、推論の域を出ないが、一つの考え方として参考にはなる。


日本の歴代総理大臣


« アンソニー・クイン | トップページ | 小さな木の実 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/57885648

この記事へのトラックバック一覧です: 確かにね:

« アンソニー・クイン | トップページ | 小さな木の実 »

無料ブログはココログ