2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« ケーニヒスベルク | トップページ | ロードムービー »

2014年3月20日 (木)

万年筆は良いですよ。

最近、万年筆が見直されているらしい。雑誌で筆記具の特集が組まれ、シャープペンシルより鉛筆、ボールペンより万年筆を好む人が増えているそうだ。

社会人になって、金銭的な余裕ができ、並行輸入品などの影響で価格が下がったファイロファックスを購入し、それに合わせてパーカーの万年筆を手に入れた。ところがこれらを購入した頃は電子手帳がもてはやされ、会社ではワープロが主流となり、「手書き」の機会が無くなってしまった。さらに電子手帳はスマホに取って代わられ、そうなると「手書き」を楽しむ欲求を満たしたくなるのも、自然な成り行きだ。

私は本に附箋を貼ることが多い。以前、三島由紀夫の「豊饒の海」全四巻を読んでいたとき、ストーリーの骨組みは分り易いのだが、如何せん内容が難解な言葉や概念で綴られ、手を焼いてしまった。附箋に読みや注釈を記して貼っておき、以後それが習慣となった。

附箋には最初鉛筆で書き記し、そしてボールペンを経て、万年筆を使うようになった。インクの少し枯れた風合いがとても良い。西洋のものだが、墨を使ったような濃淡が表現できる。私は「スマートウォッチ」は好きになれない。各社から出始めているようなタイプは、そのままでは受け入れないだろう。手首を飾るには色気がなさ過ぎる。


パーカー製コンバーター 
コンバーターの使い方はビデオを参照。


パーカー製インク"Quink"

Pen2
インクの濃淡に趣がある。


コンバーターの使い方


« ケーニヒスベルク | トップページ | ロードムービー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/59323231

この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆は良いですよ。:

« ケーニヒスベルク | トップページ | ロードムービー »

無料ブログはココログ