2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

霧島縦走PART3(発見・鹿児島!)

Juso22
新燃岳の火口の縁、その先には高千穂峰がひょっこりと頭をもたげている。

Juso20
新燃岳山頂より中岳、高千穂峰を望む。
ここで昼食をとる。何と言う贅沢な展望だろうか。視覚的には韓国岳よりずっと高千穂を目指してきたという感じに近い。

Juso21
桜島、霧島連山の眺望(笠沙の海岸より) 
深田久弥の「日本百名山」によれば霧島より野間岳も見えたとある。写真は以前笠沙、坊津の特集のために撮影したときの一枚であるが、これによって「古事記」の記述が地理的にみても客観性があるといえそうだ。

Juso24
30分ほど休憩をとり、新燃岳を下山する。ふと、後ろを振り返ると、息を呑むような碧空がひろがっていた。

高千穂峰と日向神話
古事記には「かれここに天津日子番能邇邇芸命に詔りたまひて、天の石位離ち、天の八重たな雲を押し分けて、いつのちわきちわきて、天の浮橋にうきじまり、そりたたして、竺紫の日向の高千穂のくじふるたけに天降りましき。」とある。すなわち天よりニニギノミコトは筑紫(九州)の日向の高千穂峰に天降りになり、また「此地は韓国に向ひ、笠沙の御前に真来通りて、朝日の直さす国、夕日の日照る国なり。かれ此地はいとよき地、と詔りたまひて」と続き、その後の展開が阿多隼人の本拠地である笠沙の岬に向かうことを予感させるものとなっている。話の展開の意義については笠沙・坊津(発見・鹿児島!)のところでも既に触れた。

高千穂峰の「タカチホ」の本来の意味は収穫祭において積み上げられた稲穂を指し、その上に穀霊が天降るという信仰そのものを表したものである。そして穀霊であるニニギノミコトが聖なる峰に天降るという天孫降臨のはなしは、新羅や加羅の国の神話とも共通しており、日向神話が朝鮮や中国などの大陸系文化の影響を強く受けているものであるとされている。

Juso23
中岳山頂にて 
高千穂河原からの登山者も多く、山の上はやや混んでいた。

Juso26
高千穂峰(中岳下山途中にて)
中岳より高千穂河原までは急峻な下りで、足にかなりの負担がかかるため、無理をせず山頂で休憩時間を十分に取った方が無難。

Juso27
高千穂河原にて 
写真を撮りながらゆっくり歩いたので到着は午後一時半過ぎとなった。週末で、久しぶりの快晴であったため、高千穂河原はかなり混雑していた。えびの高原に車を置いてきたので、タクシーを拾うことにする。料金は3千円ほど。ほっと胸を撫で下ろす。

撮影2002年5月

新燃岳の噴火について
新燃岳は平成23年(2011)1月19日に大規模な噴火をおこし、火山活動が活発になった。都城市などに多量の火山灰を噴出し、火口には巨大な溶岩ドームが出現した。そして火口湖は全く姿を消してしまった。当初は噴火警戒レベル3の入山規制が敷かれたが、火山活動が沈静化しつつある現在、噴火警戒レベル2の火口周辺規制へ引き下げられた。しかしながら新燃岳、中岳、獅子戸岳への登攀は今も固く禁じられている。霧島連山の入山については公的機関のサイトの規制情報を必ず参照して欲しい。

参考資料
鹿児島県の歴史 原口泉 永山修一 日隈正守 松尾千歳 皆村武一 山川出版社(1999)
古事記 次田真幸(全訳注) 講談社(1977) 
ハヤト・南島共和国 中村明蔵 春苑堂出版(1996)
神になった隼人 中村明蔵 南日本新聞社(2000)
日本百名山 深田久弥 朝日文庫版(1982)
霧島の花ごよみ 大工園認 南日本新聞社(1994)
霧島の花 川原勝征 南方新社(1999)
霧島花だより 川原勝征 南方新社(2000)
環境法入門 畠山武道 大塚直 北村善宣 日本経済新聞社(2000)

霧島縦走PART1(発見・鹿児島!)

霧島縦走PART2(発見・鹿児島!)


霧島縦走PART2(発見・鹿児島!)

Juso9
獅子戸岳登攀 
韓国岳からの下りは谷間に近づくにつれて、岩場から粘土質の路面に変わってきた。前日までの雨の影響で足元はかなり滑りやすく、わずかな段差にもかなり神経を使う。傾斜がフラットになると暫く草原を進むことになる。野鳥のさえずりに気持ちが癒される。ジョージ・ウィンストンのピアノの音色が似合いそうなエバーグリーンの世界が広がる。やがて露出した大岩が視界に入り出すと、獅子戸岳の登りが始まる。

Juso10
獅子戸岳山頂 
韓国岳よりしばらく縦走を共にした男性とのカメラ談義に話が弾む。中判、一眼レフと色々使ってみて、現在はコンタックスのT2が非常に気に入っているとのこと。新燃岳のコバルトブルーの火口湖を見るのを楽しみにしているそうである。

Juso11
獅子戸岳より獅子岩を望む。

Juso12
新燃岳方面からの登山者 
反対方向からの縦走は徐々に越える山の標高が増すので、少しつらいかもしれない。

Juso14
ニガナ 
高さ20〜50cmの多年草で、4月から7月にかけて花を咲かせる。ほぼ日本全土に分布。茎の部分から出る乳白色の汁が苦いので、この名がついた。

Juso15
コガクウツギ 
平野から山地にかけて広く分布。5月下旬から6月中旬にかけて花を咲かせる。高さは1mくらい。

Juso18
新燃岳山頂部より韓国岳を望む。
霧島縦走のクライマックスにさしかかりつつある。はやる気持ちを押さえながら、一歩一歩、足を前に踏み出す。やがて新燃岳の火口湖が見えてきた。火口湖を眼下にしながら、火口の縁を時計回りにゆっくり進み、頂上部を目指す。傾斜は緩やかで、そよ風が心地よい。この日常的でない光景に新鮮さを感じるのである。

Juso17
新燃岳火口湖(クローズアップ) 
硫黄の臭いが立ちこめる。昭和34年に水蒸気爆発を起こした火口に剣呑たる雰囲気を感じる。火口湖の岸辺の砂が波紋を作り、水が深くなるにつれて、淡い萌黄色は次第に濃い緑黛色に変わってゆく。眼間に広がる大自然に浴することで世俗の抑鬱なしがらみから解放されてゆく。 

霧島縦走PART1(発見・鹿児島!)

霧島縦走PART3(発見・鹿児島!)

霧島縦走PART1(発見・鹿児島!)

Mapjuso
霧島縦走コースマップ

Juso1
夜明け前(えびの高原にて) 週末のためか、早朝にもかかわらず、かなりの登山者の姿を見かけた。

今年、鹿児島地方は五月の連休前よりすっきりとしない天候が続いた。2週間前に一度、天気予報の「午後より天気は回復に向かう」の言葉を信じ、霧島縦走を試みた。韓国岳山頂で一時間ほど待機したものの、高千穂峰あたりを被った雲は深く棚引き、晴れる気配もなく、やむなく下山した。暖冬の影響でミヤマキリシマの開花が十日ほど早まっているらしい。例年なら5月の中旬から6月の初旬にかけて見頃を迎えるのだが、地元の新聞は「今年の開花のピークは終わった」と報じている。好天が予想される今日は5月最後の週末。えびの高原ビジターセンター前の駐車場に車を置いて、午前6時、徐に登頂を開始する。

早朝のためやや肌寒く感じたが、歩き出すと同時に体は温まり、いい感じになってきた。ミヤマキリシマの状態もそれほど悪くない。殊に上の方はまだ蕾の状態のものも多く、期待がもてる。低木の森林を抜け、4号目あたりからはハルリンドウの花を見かけるようになる。五号目で少し休憩をとる。やがて曙光が麓一面に広がり、彼方に甑岳、栗野岳を見渡せ、申し分ない。8号目を過ぎると傾斜が緩くなり、視界に笹原が広がりはじめると頂上は間近い。

Juso2
ミヤマキリシマ
ツツジ科の半常緑低木。久重山、阿蘇山、霧島山など、九州の山々に分布。花びらは5つ。5〜6月に開花。

Juso3
フモトスミレ
スミレ科の多年草で、本州以西に分布。4〜5月に花が咲く。丈は8cmほどで、花の色は白。

Juso4
ハルリンドウ 
リンドウ科の2年草で、本州以西に分布。春の代表的な草花の一つ。花の色は濃い青紫から白っぽいものまである。

霧島錦江湾国立公園について
昭和9年3月16日に鹿児島と宮崎両県にまたがる火山群からなる霧島地域が日本で最初の国立公園に指定された。そして昭和39年3月16日には桜島・指宿・佐多岬からなる錦江湾地域、そして屋久島地域が追加指定された。

平成24年3月16日に、霧島屋久国立公園は霧島錦江湾地域と屋久島地域(屋久島国立公園)に分割され、現在の名称になった。面積は74,441ha。宮崎県及び鹿児島県にまたがる火山群の霧島地域、桜島を中心とする錦江湾地域に分かれる。

霧島地域は20もの火山と10の火口湖からなり、シイ・カシ・アカマツを中心とした自然林、ミヤマキリシマ、ノカイドウなどの貴重な花々が自生する。錦江湾地域では桜島が活発な火山活動を続け、海中では様々なサンゴの群生を確認できる。

Juso5
韓国岳山頂 
霧島の峰々の壮大な展望が迫ってくる。快晴に恵まれ、高千穂峰の山肌がくっきりと眼に映る。熟年のご夫婦が記念撮影をしていた。昨日は高千穂峰に、一昨日は開聞岳に登ったとのこと。

Juso6
韓国岳火口 
鹿児島県側から見た韓国岳の山頂は緩々な曲線を描いているように見えるが、いざ頂上に立つと、大きくえぐられた火口跡が顔をのぞかせている。ちょうど猪苗代湖側からみた磐梯山と、檜原湖側からみたそれとの違いに似ている。

Juso7
山頂より大浪池を望む 
上部左側に桜島の頂が見える。中高年層を中心にした登山ブームのことは知ってはいたが、女性の多いことには驚かされる。ある初老の男性と少し話をした。金曜日に鹿児島に飛行機で到着、翌日は高千穂登山、今日は霧島縦走を楽しみ、夕方の便で帰るという。脱帽。

自然環境の保護について
毎年、霧島地域ではシーズン前に鹿児島と宮崎の森林管理署を中心とした協議会が開かれ、出席者から国立公園内で自然公園法に定められた植物採取禁止を無視した高山植物の盗採が報告されている。えびの高原ではノカイドウの枝が折られ、また登山道ではミヤマキリシマが掘り起されているのが見つかった。その他食用に野草を採取する人などが跡を絶たないらしい。自然公園法では国立公園の特別保護地区や特別地域での高山植物等の採取を原則的に禁止しており、違反者は懲役刑又は罰金刑に処されることとなっている。

禁止域内で野草を採取する登山者の場合、自分の行為が法律に違反しているという認識は希薄であろう。実際、韓国岳登山口周辺では、景観を配慮してのことかと思うが、注意を促す案内板を見ることはなかった。一方で法律を盾に取締を強化し、違反者を減らすことができたとしても、公園利用者に自発的な自然保護の意識が芽生えるとは思えない。諸外国の例に倣って利用者に軽易な利用料を負担してもらうのも選択肢として考えてよいと思う。これを財源に利用者への啓蒙活動の機会をつくり、また公園内での盗掘やゴミ捨てのパトロールに関わる人件費等に充てることが考えられる。いずれにしても自治体ごとのゴミの分別回収と同じように、時間と手間をかけて問題に取り組まない限り、利用者のモラルの向上は望めないだろう。

尚、鹿児島県は平成17年4月1日から森林環境税を導入した。森林は水源の涵養や災害の防止、地球温暖化防止などの様々な公益的な機能を有しており、森林環境税はこの森林の公益的機能を満たすために、健全な森林づくり、県民が森林にふれあう機会の提供、そして森林・林業の学習・体験等の啓蒙活動などに活用される。

Juso8
高千穂峰とミヤマキリシマ 
韓国岳山頂よりしばらく先に進むと、写真撮影に熱中する愛好家の姿を見かける。大判のカメラをセッティングし、露出計を何度もチェックしている。高千穂峰とミヤマキリシマの組合せはやはりこの時季ならではのもの。それにしても、その峙った山容と可憐な花のコントラストに言葉を失う。ちなみに、高千穂峰の手前の大きな火口をのぞかせているのが新燃岳、一番手前が獅子戸岳。

霧島縦走PART2(発見・鹿児島!)

霧島縦走PART3(発見・鹿児島!)

2014年5月21日 (水)

霧島アートの森(発見・鹿児島!)

Kirishimanatsu1
アートホール(夏) 2001年1月から凡そ3年半ぶりに訪れたが、緑が深く、しっかりと根付いていた。

Kirishimanatsu7
草間彌生「赤い靴」 2002年の「水玉の楽園 草間彌生展」以来、ここ霧島アートの森で展示されている。

Kirishimanatsu3
西野康造「気流~風になるとき」

Kirishimanatsu4
フィリップ・キング「サン・ルーツ」

Kirishimafuyu1
アートホール(冬) 前の日より悪天候にみまわれる。標高700Mを超える場所だけに、雪の中、引返すのも止むなしと覚悟はしていたが、どうにかたどりつくことができた。1月の末とは言え、やはり鹿児島での雪は珍しいのである。

Kirishimafuyu2_2
植松奎二「浮くかたち-赤」

MEMO
霧島アートの森は、霧島連山、栗野岳の中腹に2000年10月、モダンアートを中心とした芸術作品の殿堂としてオープン。彫刻作品の展示やアートライブラリー、カフェテリア等のあるアートホール、作品の野外展示を目的とした広場型のスペース、そしてそのままの自然を生かした樹林展示ゾーンからなる。作品は国内はもとより、外国人の手になるものも多く展示されている。

撮影2001年1月、2004年6月

2014年5月14日 (水)

辺塚海岸(発見・鹿児島!)

Hezuka5
辺塚海岸全景 突然、視界に迫ってきた最初の光景。

Hezuka1
このあたりは大隅南部県立自然公園に属しており、ウミガメが産卵のために上陸するところとしても知られている。訪れたのが冬であったにもかかわらず、当日は良く晴れていてとても暖かかった。県道沿いに地元の漁師が漁網を天日干ししていた。国道から外れるために、車の往来はとても少ない。

Hezuka3
太平洋!

Hezuka4
海岸の南側には一ツ谷川が流れ、海に注いでいる。このような川にめぐりあう機会が今までなかったので感激してしまった。このあたりは民家が少なく、生活排水が川を汚すようなこともない。

辺塚海岸(肝付町)にたどり着いたのは偶然だった。2000年1月、快晴。当日は、山川よりフェリーで根占に渡ったあと、国道448を横断、内之浦のロケット基地の前を通り、「くにの松原」まで行くつもりだった。山間部を通り抜け太平洋側まで着いたとき少し考えた。だいぶ前に佐多岬をめぐった時は、手つかずのままの海岸線の光景があったような気がする。そして内之浦の海へのちょっとした期待感が広がる。

R448を右折し、県道74を佐多方面に向けて下っていった。突然視界にベージュ色の砂浜.......。自然保護の必要性が訴えられるようになって久しい。このあたりへのアクセスは良くない。鹿児島市内からフェリーを利用しても2時間以上かかる。周辺人口も多くはない。すると手つかずの自然が残った。この最果ての場所に。ここに立って海を眺めていると、本当にそれが実感できる。願わくば、未来永劫このままでいて欲しい。  

(参考資料) かごしま、奄美のきれいな海辺 かくのぶえ 南方新社(1997)

2014年5月 9日 (金)

天球館(発見・鹿児島!)

Tenkyukan1
輝北上場公園は鹿児島市の方から見ると桜島の裏側にあたる。鹿児島特有の広々とした台地の上に牧場、キャンプ場、アスレティック施設が整備されている。

Tenkyukan2

Tenkyukan3

Tenkyukan4

Tenkyukan5

Tenkyukan6

MEMO
平成7(1995)年8月、星空日本一の町として有名な鹿屋市輝北町上場公園内に天球館はオープン。設計は鹿児島県出身の建築家、高崎正治氏によるもの。口径65cmの反射望遠鏡は九州最大級を誇る。館内には観測施設はもちろんのこと、天体写真や宇宙パネル等の展示施設も充実。県内外からの天文ファンでにぎわう。またコンサートなどのイベントも行われるなど、多彩な人気を誇る。

2000年4月撮影

2014年5月 6日 (火)

平川動物公園(発見・鹿児島!)

Hirakawa1
入口ゲートをくぐり抜けて、最初に目に入る風景。遠くに見える桜島の姿が、自然と視界に溶込んできて、とても印象的。

Hirakawa2
平川動物公園にコアラがやってきたのは、昭和59年(1984)。オーストラリア、クイーンズランド州から贈られた2匹が最初だった。以来今までににここで生まれた数は40匹を超える。コアラは主にオーストラリア東部に棲息。クィーンズランドコアラの他に、ヴィクトリアコアラ、ニューサウスウエールズコアラなどの亜種がいる。

Hirakawa3
フンボルトペンギン ペルーやチリなどフンボルト海流に洗われる沿岸地域に棲息している。

Hirakawa4
インド象 アフリカ象にくらべて、耳や牙が小さく、背中が丸みを帯びているのが特徴。

Hirakawa5
トラ インド、ネパールそして中国東北部、アムール、インドネシアなどに棲息。

Hirakawa6
ミーアキャット アンゴラ、ナミビア、南アフリカなどの草木の少ない砂漠地帯に棲息。写真のように立ち上がり、常に周囲を警戒している。

Hirakawa7
レッサーパンダ ヒマラヤから中国南部にかけての標高2200M以上の高地の森林に棲息。

MEMO
昭和47年10月開園。敷地面積31.4hの広さを誇る。開園時間9:00~17:00 

アクセス
1)JR鹿児島中央発の指宿枕崎線を利用、五位野駅下車、徒歩20分。2)鹿児島交通バス、鹿児島駅発の便(天文館経由)を利用。3)車の場合(鹿児島市中心部から)、国道226号を南下。五位野駅付近を過ぎたあたりに標識あり。

参考資料
動物園の動物 さとうあきら 山と渓谷社(2000)

2000年2月撮影。

発見・鹿児島!をブログに統合します。

県内の名所旧跡を巡り、撮りためた写真をホームページという形で一つにまとめたのが「発見・鹿児島!」というサイトで、2000年の5月より始めました。当初使用したパソコンはiMacの15インチのCRTのもので、そのサイズに合わせてホームページを作成したので、現在使っている21.5インチのiMacのスケールからすると、かなり貧弱に見えるのは仕方ありません。

そこで、写真の大きさをブログに合わせ、原本からレタッチし直しました。「発見・鹿児島!」をブログに統合することにより、内容がより充実し、改善できると思います。「発見・鹿児島!」のコンテンツもそれなりに量があるため、全てをブログに移動するには時間が必要ですので、ご理解ください。

発見・鹿児島!

P.S.「発見・鹿児島!」は全てアナログカメラで撮影した写真を使っています。フイルムは富士フイルムの「ベルビアISO50」「プロビア100F」「トレビ100C」を適宜使用しました。

P.S.「発見・鹿児島!」は最初にアップしてから14年経っていますので、オリジナリティは保持しつつ、加筆訂正する必要があります。また写真を増やしたり、逆に削除する場合もあります。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

無料ブログはココログ