2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 展望レストラン「ぶえん」 | トップページ | 謹賀新年2015 »

2014年12月25日 (木)

クロツラヘラサギ(須崎調整池)

Spoonbill1
重富海岸より霧島連山を眺望する。

Spoonbill2
重富干潟小さな博物館にて
クロツラヘラサギに関しての情報を得るには最適。ここで須崎調整池の様子を詳しく教えていただいた。

Spoonbill3_2
須崎調整池(1)

Spoonbill4
須崎調整池(2)

Spoonbill5
須崎調整池(3)

近年、鹿児島湾の奥深い場所、姶良地区にクロツラヘラサギが越冬のため、飛来している。姶良市の重富海岸にある「重富干潟小さな博物館」で、その分布について、詳しい情報を得ることができた。同市加治木町の須崎調整池では20羽を超える個体数らしいが、訪れたとき、最初の印象として、人工池の岸からの距離が短いことに驚いた。

目測だが、凡そ50メートル。とても近い。南さつま市万之瀬川河口の「吹上浜海浜公園」で越冬するクロツラヘラサギの場合、川幅が100メートルを超えるため、公園内の「野鳥観察の家」前からの写真撮影は、干潮時においても難しく、写真の良し悪しはそのまま望遠レンズの性能に依存する。ところがこの距離感である。

絶滅を危惧されているクロツラヘラサギの越冬は、日本においては各地に分散しており、鹿児島県出水市のツルのように一カ所に集中するタイプではないので、鳥インフルエンザの大量発生のリスクは些少かもしれない。ただ近県で高病原性鳥インフルエンザの発症が確認されたので、ウイルスの蔓延については刮目する必要がある。

2014年12月撮影

重富干潟小さな博物館のサイト


 

« 展望レストラン「ぶえん」 | トップページ | 謹賀新年2015 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/60857542

この記事へのトラックバック一覧です: クロツラヘラサギ(須崎調整池):

« 展望レストラン「ぶえん」 | トップページ | 謹賀新年2015 »

無料ブログはココログ