2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« かごしま水族館 | トップページ | いきなり春が来た! »

2016年2月28日 (日)

仙巌園のヒカンザクラ

Senganen1
ヒカンザクラの色が鮮烈だ。

Senganen2
桜島と錦江湾を借景にした仙巌園の雄大さを堪能あれ。
(こちらは昨年の10月に撮影)

先週の日曜日、鹿児島市の仙巌園にヒカンザクラ(緋寒桜)を観に行った。この日は快晴。青空と花の濃い桃色のコントラストは見事で、夢中でシャッターを押し続けた。当日は外国からの観光客が大勢訪れ、南九州のこの地にも日本への旅行ブームが浸透しつつあるのを実感した。

売店には"Free Wi-Fi"のステッカーが貼られ、人々の利便性を図っていた。鹿児島市でも天文館や鹿児島中央駅など、主要な施設でこのステッカーを見るようになった。駅のコンコースでは外国語を耳にすることが多い。

日本がバブル経済の繁栄を謳歌していた頃、日本人はブランド品大量購入のため、ヨーロッパなどに渡航し、現地の人々から冷ややかな視線を浴びていたわけで、今の「爆買」などの言葉に潜む辛辣な意味は、当時の日本人観光客の行動への当て付けと全く変わりない。

ショッピング中心の観光から、深淵な日本文化の紹介へと、高みへのステップを進められるかどうかは、我々日本人の寛容と深い教養に懸かっていることをお忘れなきように。文化とはゆっくりと熟成させるものですから。


Senganen Garden was the villa of the Shimazu clan, and was built by Mitsuhisa Shimazu in 1658. This garden,the important part of scenery is formed by Kinko Bay and Mt.Sakurajima.This style of Japanese garden calls "Shakkei" in Japanese,and is the feature of Senganen.

Satsuma was the Southern gateway of Japan,and this garden was suitable to the history and culture of Satsuma.It also had the influence of Chinese culture heavily.

"Shakkei" means borrowed scenery (incorporation of a landscape element outside a garden in its design).

« かごしま水族館 | トップページ | いきなり春が来た! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/63274090

この記事へのトラックバック一覧です: 仙巌園のヒカンザクラ:

« かごしま水族館 | トップページ | いきなり春が来た! »

無料ブログはココログ