2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 山川砂むし温泉「砂湯里」 | トップページ | アベックラーメン »

2016年3月15日 (火)

絶景露天風呂「たまて箱温泉」

この間、砂むし温泉「砂湯里」に行ったとき、ついでに「たまて箱温泉」にも足を延ばそうと目論んだが、当日は奇数日で、開聞岳側の露天風呂は女性専用日であり、次回へのお預けとなった。仕切り直しで、快晴のこの日に照準を合せた。偶数日で男性が使える日だ。砂湯里で買った一年間有効の半券を使う日がやってきた。

そうは言っても、正真正銘の露天風呂なので、カメラなどの映像機材の持ち込みは御法度である。徐に屋外に足を踏み入れた瞬間、あまりの感動に二の句が継げなかった。「絶景」という表現はここのためにあるのか。例え映像技術が発展して、4Kとか8Kとかの媒体を用いても、それは無に等しい。テクノロジーなど、所詮人間の理解の範囲でしか動作しないのだ。

我々は素晴らしい言葉をもっているではないか。そう、「百聞は一見にしかず」という故事を!

Tamatebako4
たまて箱温泉受付前の駐車場にて  背景は天狗伝説のある「奇岩竹山」。

Tamatebako2
当日の開聞岳の姿  眼下に砂むし温泉「砂湯里」が見える。露天風呂での大パノラマをイメージする手がかりになれば。また脚力に自信のある方は、砂湯里で入浴したあと、急峻な階段をよじ登って、たまて箱温泉でもう一度入湯すると良い。

Tamatebako1
鹿児島県のサイト"KAGOSHIMA ENERGETIC JAPAN"でも紹介された「山川製塩工場跡地」。たまて箱温泉の隣接地である。ビデオではドローンによる撮影が印象深かった。絶え間ない水蒸気の噴出に圧倒される。

Tamatebako3
噴出した水蒸気は熱湯となって、伏目海岸へと流れ落ちる。その光景に言葉も無い。

※今回も撮影にはiPhoneを利用しました。

KAGOSHIMA ENERGETIC JAPANのサイト
「指宿の砂むし温泉」と「指宿の塩田跡とたまて箱温泉」を参照ください。

ヘルシーランドの公式サイト
「砂湯里」と「たまて箱温泉」の正確な情報が確認できます。


There is a famous open-air bath at Tamate-Bako Hot Spring in Yamagawa, Ibusuki City. There are two baths of Western and Japanese style.If you take in Japanese style,It is facing the East China Sea, and while you soak in there,you can overlook Mt.Kaimon and Osumi Peninsula.There is no doubt that you will be satisfied with the gorgeous scenery.

When the weather is sunny,it is also possible to overlook Yaku Island,Take Island,and Iwo Island.Bathing in the Japanese style is the shifts of every other day.Women can bathe in odd days,and men can bathe in even-numbered days.It is forbidden to take pictures.Thursday is regular holiday.

« 山川砂むし温泉「砂湯里」 | トップページ | アベックラーメン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/63350853

この記事へのトラックバック一覧です: 絶景露天風呂「たまて箱温泉」:

« 山川砂むし温泉「砂湯里」 | トップページ | アベックラーメン »

無料ブログはココログ