2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 飫肥天 | トップページ | JR慈眼寺駅探訪 »

2016年4月 5日 (火)

JR谷山駅高架化完了!

Taniyama1
交通渋滞緩和のための指宿枕崎線の高架事業が完了した。

Taniyama2
自動改札?当然でしょ。指宿枕崎線では鹿児島中央駅に続き導入。

Taniyama3
下りの普通列車「喜入」行きが到着。

Taniyama4
JR九州キハ200系"NANOHANA"  そろそろお気付きかと思うが、指宿枕崎線は単線・非電化区間なので、上部に架線がなく、すっきりしている。またホームの屋根や床には木材がふんだんに使われている。

Taniyama5
駅全体の配色はダークブラウンを基調としている。したがって、清涼飲料水の自動販売機もこんな感じ。随所に水戸岡マジックが発揮されているのが分かる。

Taniyama6
上りの特急列車「指宿のたまて箱2号」が通過。駅も車両も全て水戸岡デザイン。全国の水戸岡フリークよ、Don't miss it!

Taniyama7
通過待ちの下り列車が発車してゆく。ここが一地方の在来線の高架駅と思えますか?

鹿児島市南部の谷山地区は人口増に伴う交通渋滞が著しく、殊にJR指宿枕崎線沿線は線路が地上に敷設されているため、列車通過による踏切の遮断は、交差する道路を塞ぐ事になり、この地区の渋滞はもはや放置できなくなった。

鹿児島市は国土交通省と都市計画事業の協議をすすめ、同省からの認可を経て、平成19年より事業計画に着手し、高架工事については平成23年2月より開始し、平成27年10月に完了した。高架化されたのは2.7キロで、踏切は15カ所。渋滞の緩和と交通事故の防止が図られることになった。

新しい谷山駅のデザインは水戸岡鋭治氏。高架化によって、ホーム1面2線となり、ガラス張りの防風スクリーンが駅の明るさと斬新さを演出している。エレベーター1基、エスカレーター1基、多目的トイレなどのバリアフリー設備を整えている。尚、慈眼寺駅も改築され、水戸岡氏のデザインで、エレベーター1基と多目的トイレが備わっている。新しい施設の運用は3月26日より始まった。

撮影機器:iPhone

IBUTAMA(発見・鹿児島!blog)

開聞岳・なのはな号の旅PART1(発見・鹿児島!blog)

« 飫肥天 | トップページ | JR慈眼寺駅探訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/63440359

この記事へのトラックバック一覧です: JR谷山駅高架化完了!:

« 飫肥天 | トップページ | JR慈眼寺駅探訪 »

無料ブログはココログ