« May 2016 | Main | July 2016 »

June 2016

06/25/2016

グリルパン

私の年代では、ピザのことを「ピザパイ」と呼んでいた。理由は分からないが、間違いなくそう呼んでいた。鹿児島を離れ、進学のため上京したのだが、東京で出会った「シェーキーズ」の巨大なピザに仰天した思い出がある。分厚いクラストに様々な具材がてんこ盛りで、その豪華さに驚かされた。

当時は厚みのあるパン生地と高カロリーなトッピングが並ぶ、アメリカンスタイルのピザが主流で、その上から必ずタバスコを儀式のように振りかけていた。ピザといえば、疑うこともなく皆タバスコを振りかけていた。私は嫌いだったが。今から考えれば、あの頃のファミレスのピザは、あまり美味しいものではなかった。以上が80〜90年代の状況であった。

現在は本場イタリア仕込みのピザが、もてはやされるようになり、薄手のクリスピータイプの生地に人気がある。健康志向のせいか、凝った具材を並べるよりも、「マルゲリータ」のように素材にこだわったピザを好む傾向にあるまいか?チーズはモッツァレラが良いと、子供でも唱えるようになった。

グリルパンで焼いたピザを食べてみたが、とても美味しかった。クラストは強力粉にイーストを混ぜ、膨らませたものを綿棒で薄く延ばし、クリスピータイプに仕上げた。具材もトマトやピーマンのほかに、余っていたさつま揚げをスライスし、生地に載せ、チーズを振りかけた。

とにかく手作りのクラストの美味さは格別である。グリルで焼いた熱々のチーズと、生地のモチモチとした歯ごたえが絶妙で、もう冷凍ピザなど食べる気にはならない。クラストにこだわると、抜群に美味しいピザにありつける。クックパッドに数多のレシピが載っているので、ご覧いただきたい。

Pizza1
20cmのグリルパンで焼くピザは大きさも程良い。

Pizza2
上手に焼き上がった。生地がモチモチして、美味しい。手間をかけた甲斐があった。

撮影機材:iPhone

06/16/2016

らーめん香月

先日、テレビを眺めていたら、カツオラーメンで有名な「らーめん香月」が登場した。食材に関連したCMの中で、この店のことが紹介されたのだが、良くできたCMで、興味が湧いた。
 
この店は鰹節で有名な枕崎市にあったらしいが、現在は南九州市川辺町で営業をしている。現地までは遠いが、枕崎よりは少し近くなったので行ってみた。国道225号沿いにあり、とてもわかりやすい場所で、おもむろに駐車場に車を乗り入れた。

予想通り和風テイストである。串木野のマグロラーメンと同じように、ワサビが添えられていた。マグロラーメンとの比較だが、マグロラーメンを最後に食べてから随分経っているので、正直なところ、明確な説明はできない。

けれどカツオの風味が濃厚で、甘みとコクがあり、とても美味しかった。豚骨ラーメンが好きな方なら好みが分かれるかもしれないが、醤油ラーメンや塩ラーメンが好みの方なら満足できるだろう。ご年配の方でもOKだ。ネット上に店の情報が多く並んでいるので、是非足を運んでもらいたい。

Ramen


06/06/2016

木を見て森を見ず

鹿児島県霧島市が運営販売するミネラルウォーター「関平鉱泉水」の新工場が完成し、6月5日に新しい工場の稼働が始まった。この工場は約13億円をかけて建設、製造行程は自動化され、従来の1.5倍に生産能力が向上したとのこと。今後10億円規模の売り上げを目標とし、更には海外輸出も検討している。

枕崎市のかつお節業者らが出資する「枕崎フランス鰹節」は、昨年秋よりフランスの鰹節工場の建設が行われている。建設地はブルターニュのコンカルノーで、今年5月に完成予定、夏に操業開始を目指している。フランス工場で生産された鰹節は、フランスのみならずEU域内の日本料理店などに販売される。

鹿児島茶の生産高は静岡に次いで全国2位。南九州の温暖な地の利を生かして、鹿児島の乗用摘採機の導入率は85%にもなる。労働時間の短縮にも成功しており、高い生産性を誇る。またJGAPなどの認証の取得にも積極的で、今後の緑茶の輸出を睨んだ取り組みには熱心だ。

大前研一氏の「日本の地方はイタリアの村を見よ!」という東洋経済ONLINEに掲載された記事が面白い。それほど目新しい話題ではないが、イタリアのブランド戦略を参考として取り上げ、分かりやすく解説している。遅ればせながら日本も農業の産業化の重要性に気付くようになり、多方面の構造改革に力を入れ始めた。

紛れもなく、鹿児島県は農業県だ。温暖な気候をもっと活用し、産業先進県への脱皮を遂げなければならない。黒豚、黒牛、薩摩地鶏などの畜産業、ウナギ、ブリなどの養殖業では定評があるし、焼酎の生産量も宮崎県と熾烈な競争をしている。フランス、イタリア、そしてアメリカは先進工業国であると同時に先進農業国でもある。我が県には今後の進歩的な産業の担い手の資格は十分にあると考えるが、伊藤さん、どうでしょうか?

大前氏「日本の地方はイタリアの村を見よ!」東洋経済ONLINE

静岡茶を世界ブランドにする方法(日経BP社)

Blueskyblue
雨上がりの青空。思わずiPhoneで撮ってみた。

« May 2016 | Main | July 2016 »