2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« グリルパン | トップページ | ウォーターフロントの整備を迅速に! »

2016年7月18日 (月)

霧島アートの森2016

Openair1
草間彌生「シャングリラの華」

Openair2
草間彌生「赤い靴」 

Openair3
アートホールと椿昇"RIGHT SHEEP"

Openair4
椿昇"RIGHT SHEEP"

Openair5
ジョナサン・ボロフスキー「男と女」

私が初めて霧島アートの森を訪れたのは2001年の1月で、当日、この栗野岳周辺は雪に見舞われた。その次が2004年の6月で、前回は2008年の3月だった。そして今月の初め、8年ぶり4回目の訪問を果たした。全体の雰囲気はそれほど変わらないのだが、所々に15年の歳月を感じるものがあった。

アートホールのカフェテリア前の位置からの撮影は恒例になったが、木々の成長は著しく、時の経過を実感した。ふと、見慣れぬ作品が目に留まった。そう、2001年の横浜トリエンナーレの巨大バッタで我々の度肝を抜いた椿昇氏の"RIGHT SHEEP"で、椿氏の2012年のここでの作品展以来のものであった。

ありふれた言い方だが、ここへ来ると心身ともにリフレッシュできる。人里離れた山腹にあるので、それなりに行く準備が必要である。しかし繰り返し足を運んでも飽きない。鹿児島の人間は、晴れた日を狙いうちできるのが良い。

霧島アートの森(発見・鹿児島!)


Kirishima Open-Air Museum has been open in the middle of Mt.Kurino,Kirishima Mountains since October 2000. Mainly,contemporary arts have been exhibited ,and unique works by renowned artists from all over the world, can be seen in the vast park.

The works that made of various materials,such as stone ,iron, and plastic, have been placed in a well-balanced, and taking advantage of the original terrain and trees.Art Hall has a novel appearance where sculptures have been exhibited, and also can be used art library,cafeteria.

« グリルパン | トップページ | ウォーターフロントの整備を迅速に! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/63928950

この記事へのトラックバック一覧です: 霧島アートの森2016:

« グリルパン | トップページ | ウォーターフロントの整備を迅速に! »

無料ブログはココログ