« グリルパン | Main | Kirishima Open-Air Museum »

07/18/2016

霧島アートの森2016

Openair1
草間彌生「シャングリラの華」

Openair2
草間彌生「赤い靴」 

Openair3
アートホールと椿昇"RIGHT SHEEP"

Openair4
椿昇"RIGHT SHEEP"

Openair5
ジョナサン・ボロフスキー「男と女」

私が初めて霧島アートの森を訪れたのは2001年の1月で、当日、この栗野岳周辺は雪に見舞われた。その次が2004年の6月で、前回は2008年の3月だった。そして今月の初め、8年ぶり4回目の訪問を果たした。全体の雰囲気はそれほど変わらないのだが、所々に15年の歳月を感じるものがあった。

アートホールのカフェテリア前の位置からの撮影は恒例になったが、木々の成長は著しく、時の経過を実感した。ふと、見慣れぬ作品が目に留まった。そう、2001年の横浜トリエンナーレの巨大バッタで我々の度肝を抜いた椿昇氏の"RIGHT SHEEP"で、椿氏の2012年のここでの作品展以来のものであった。

ありふれた言い方だが、ここへ来ると心身ともにリフレッシュできる。人里離れた山腹にあるので、それなりに行く準備が必要である。しかし繰り返し足を運んでも飽きない。鹿児島の人間は、晴れた日を狙いうちできるのが良い。

霧島アートの森(発見・鹿児島!)

« グリルパン | Main | Kirishima Open-Air Museum »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/63928950

Listed below are links to weblogs that reference 霧島アートの森2016:

« グリルパン | Main | Kirishima Open-Air Museum »