2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月28日 (木)

中国の教育事情

中国人男性と話をした。家族で夏休みを利用して日本を旅行中で、沖縄を北上し、現在鹿児島に滞在しているとの事。とても流暢な日本語だった。娘さんがカナダに留学中で、彼女の方は流暢な英語を披露してくれた。中国人観光客が帯同する子弟は、皆英語が上手で、中学生くらいの子供とも無理なく意思の疎通ができる。

WBSだっただろうか、番組中、中国の教育事情が紹介され、親は有名私立中学に入学させるため、学校の近辺に不動産を求めるのだが、価格が高騰して手に入れるのが難しい。中国では住所を自由に変更できる「移転の自由」が制限されており、有名中学に子供を入れるためには、戸籍などの前提条件を整えなければならず、従って、宅地の購入価格が吊り上がるとのこと。

不動産を購入できない人は、子弟をアメリカやカナダなどの英語圏に留学させるらしく、その方が物件購入に比べて、安くて済むそうだ。日本に来られる裕福な中国人観光客の子供は、例外なく英語を上手に話す事ができる。国内の有名私立中学でも、徹底した英語教育が施されているのだと推測できる。

彼らが何故これほどまでに、子供の教育に熱心なのか?親であれば子供の幸福追求を願うわけで、それほど日本人と価値観は変わらないのだが、以下に私の推論を並べてみる。清朝末期より国内政治が不安定となり、多くの中国人が東南アジアなどの海外へ生活拠点を移した。

その後、辛亥革命による清朝の崩壊、社会主義国家の成立などにより、多くの中国人が自由を求めて、北米などにも渡り、グローバルな華僑のネットワークを構築した。今や彼らの財力は圧倒的になり、タイやインドネシア等、東南アジア諸国の経済界の華僑の存在感は絶大だ。

恐らく、中国本土では、政府共産党の政策転換などにより、未来永劫に渡って、国民がその地位を保持し続けられるか見通せないので、自身の留学、あるいは子弟の留学により、あるいは広大な華僑のネットワークを通じて、世界中に片足を突っ込む感覚があるのだろう。

パナマ文書の漏洩により、習近平国家主席の親族がタックスヘイブンに、数兆円もの蓄財をしていたとの疑いが報道されたが、少なくとも中国国家の中枢に居る人々さえも、不測の事態に備えて、海外に片足を突っ込んでいる可能性があるようだ。中国人の子弟への教育熱の切実さが少し理解できた。

私がその中国人男性に「欢迎来到日本!」と覚えたての中国語で挨拶したところ、ニコッと微笑み、OKと言ってくれた。中国語は4声のアクセントを始め、発音の難しさは英語の比ではない。主語の後に動詞が続く文の構造はヨーロッパ語と同じだし、彼らにとって英語の習得は朝飯前なのだろうか?

2016年7月23日 (土)

ウォーターフロントの整備を迅速に!

私は外国人の観光客と話す機会が多いが、香港から来たカップルに、「日本の夏は蒸し暑いのでは?」と尋ねたら、「香港は更に暑いし、まだ日本の方が増しだ」と返答があった。サーフィンが好きで、宮崎にも行ったという。桜島観光を済ませたら香港に帰るとのこと。

ベルギーからの男性は、私が「日本の気候は亜寒帯から亜熱帯まであり、多様性がある」と説明すると、「ベルギーは国土も小さく、国全体の気候も余り変わらないので、羨ましい」とおっしゃった。私は彼に"Amusez-vous bien!"と告げて別れた。

スイスの首都ベルンから来た女性は、鹿児島へ来た理由を尋ねると、"YAKUSHIMA"と即座に応えた。「スイスにも有名なアルプスがあるが?」と聞くと、趣が全然違うとの返事。なるほど、洋上アルプスと称される「屋久島」は別次元の魅力があると悟った。

ところで、香港の人もベルギーの人も、共通して鹿児島への目的を「屋久島」と返答した。さすが世界遺産、ブランド力が全然違う。外国人が目指すのも最良なものである。日本人と変わりはない。

その屋久島へ向かう起点が、鹿児島本港区の南埠頭にある種子島、屋久島航路の高速船乗り場であり、それを容易にするための鹿児島市電の延伸計画は、鹿児島県と折り合いがつかず、頓挫したままになっている。日本中の自治体が2020年の東京オリンピックに合わせて、海外からの観光客の囲い込みに躍起になっているのに、この現状には全く失望してしまう。

新しく鹿児島県知事に就任する三反園氏には、この問題の速やかな収束をお願いしたいものだ。またユネスコの世界遺産への登録は、観光地のブランド力として決定的である。今後は沖縄県と連携して、南西諸島の世界遺産登録を是非とも果たして頂きたい。南北3000キロと言われる日本列島にあって、鹿児島県の県域は実に600キロに及ぶ。これこそが我が鹿児島県の誇るべき財産なのだ。


Scream1
桜島の赤水展望広場の「叫びの肖像」横で、像と同じポーズをとる外国人観光客。

Scream2
鹿児島市の南埠頭より種子島、屋久島方面に向かう高速船。

2016年7月18日 (月)

霧島アートの森2016

Openair1
草間彌生「シャングリラの華」

Openair2
草間彌生「赤い靴」 

Openair3
アートホールと椿昇"RIGHT SHEEP"

Openair4
椿昇"RIGHT SHEEP"

Openair5
ジョナサン・ボロフスキー「男と女」

私が初めて霧島アートの森を訪れたのは2001年の1月で、当日、この栗野岳周辺は雪に見舞われた。その次が2004年の6月で、前回は2008年の3月だった。そして今月の初め、8年ぶり4回目の訪問を果たした。全体の雰囲気はそれほど変わらないのだが、所々に15年の歳月を感じるものがあった。

アートホールのカフェテリア前の位置からの撮影は恒例になったが、木々の成長は著しく、時の経過を実感した。ふと、見慣れぬ作品が目に留まった。そう、2001年の横浜トリエンナーレの巨大バッタで我々の度肝を抜いた椿昇氏の"RIGHT SHEEP"で、椿氏の2012年のここでの作品展以来のものであった。

ありふれた言い方だが、ここへ来ると心身ともにリフレッシュできる。人里離れた山腹にあるので、それなりに行く準備が必要である。しかし繰り返し足を運んでも飽きない。鹿児島の人間は、晴れた日を狙いうちできるのが良い。

霧島アートの森(発見・鹿児島!)


Kirishima Open-Air Museum has been open in the middle of Mt.Kurino,Kirishima Mountains since October 2000. Mainly,contemporary arts have been exhibited ,and unique works by renowned artists from all over the world, can be seen in the vast park.

The works that made of various materials,such as stone ,iron, and plastic, have been placed in a well-balanced, and taking advantage of the original terrain and trees.Art Hall has a novel appearance where sculptures have been exhibited, and also can be used art library,cafeteria.

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

無料ブログはココログ