2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« バッテリー交換 | トップページ | 携帯音楽プレーヤー »

2017年3月 5日 (日)

早春の知覧

Chiran01
知覧武家屋敷群を貫く通りの向こうには母ケ岳の姿。

Chiran02
平山克己氏邸庭園

Chiran03
石敢当(せっかんとう) 三叉路の突き当たりに設けられている。一種の魔除けで、中国から琉球を経て、薩摩に伝わったとのこと。


質実剛健なイメージが支配的な鹿児島にあって、雅な趣が漂う知覧の武家屋敷群は「薩摩の小京都」と呼ばれ、華やかさを感じ取れる数少ない場所の一つだ。

武家屋敷通りに沿って、国の名勝に指定された庭園が七つあり、それら主に枯山水様式の庭は、母ヶ岳をも借景に取り入れ、その雄大にして秀麗な姿を今日に伝えている。

CHIRAN SAMURAI RESIDENCES

In the Edo era, the Satsuma clan divided the territory into 102 districts called TOJYO,and created samurai settlements called FUMOTO. Satsuma clan intended not to concentrate samurai in Kagoshima, but to disperse to TOJYO. Chiran was one of them.

Chiran samurai residences, along the winding HONBABA street, has excellent views of the stone wall and the hedge which are located there, and were selected as a preservation district of the Japanese important traditional building group in 1981. Seven gardens are valuable for knowing Japanese garden culture and designate as the scenic spot of Japan.

« バッテリー交換 | トップページ | 携帯音楽プレーヤー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/64977923

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の知覧:

« バッテリー交換 | トップページ | 携帯音楽プレーヤー »

無料ブログはココログ