2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月25日 (火)

ピエール・ブーレーズ

Pierre Boulezの姓は「ブーレーズ」と表記されることが多いが、フランス語の綴りからして、「ブレ」に近いと思っていた。もっとも「ブレズ」と発音する人もいるらしく、地域差があるようだ。マエストロは昨年他界された。90歳の大往生だった。

指揮者は概して長寿が多い。カール・ベームは86歳まで、カラヤンも81歳まで年を重ねた。私の好きなマゼールは84歳、スイトナーは87歳、、ジュリーニは91歳、ザンデルリンクは98歳まで生きた。もっとも指揮者として晩年まで第一線で活躍できたがどうかは別の話だ。

ブーレーズは晩年まで良い仕事ができたのではなかろうか。彼の演奏を生で聴いたわけではなく、CDからの印象にすぎないのだが、彼のストラヴィンスキー、バルトーク、ドビュッシーなどの演奏は素晴らしく、度々聴き直すのだが、飽きる事はない。それらは比較的新しい録音なので爽快感が残る。デジタル録音はヒスノイズが無く、静寂の中に微量な音を聴き取る事が可能だ。

彼のマーラーの作品全集を買い求めた。これらも新しい録音に入るだろう。マーラーは、特に交響曲の場合、長大なものが多く、従って人によって作品の好みが分かれ易い。私も6番は20年以上聴かずにいたのだが、目録に並んでいたので試してみた。

これを改めて好きになる事はなかったのだが、録音が良いため、細かなディテールが明瞭で、それなりに納得がいった。「大地の歌」は素晴らしかった。5番や9番も悪くない。マーラーの演奏は指揮者によって自己陶酔的なアプローチのものがかなりあるが、ブーレーズのパフォーマンスは明快で外連味がなく、それは他のバルトークなどの作品と共通しており、説得力に満ちている。

全集としての価格もお手頃で、総じて素晴らしいものなので、お勧めしたい。

2017年4月 8日 (土)

ジョージ・タケイ

暖かくなってきて、鹿児島を訪れる外国人も増えてきた。彼らに「どこへ行きました?」と尋ねると、東京、京都が圧倒的なのだが、広島と応える人がかなりいる。原爆資料館へ足を運んだ人が多いのだ。オバマ前大統領が訪問したことの反響が大きいのだろう。

一方で、昨年の暮れ、安部首相がハワイの真珠湾を訪れ、日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者の75年目の慰霊をオバマ氏と共に果たしたことも記憶に新しい。オバマ氏は追悼式典のスピーチの中で、日系アメリカ人の442部隊と、それに従軍したダニエル・イノウエ元アメリカ上院議員のことにも言及した。

太平洋をはさんで、日米間の壮絶な戦争が語られる事は多いが、アメリカ国民であるにも関わらず、日系人であることだけで、不当に差別された彼ら日系アメリカ人の悲劇を知る日本人は多くないと思う。彼らは全財産を没収され、劣悪な環境下の強制収容所へ戦時中収監された。

ジョージ・タケイという名をご存知だろうか。テレビ映画「スタートレック」のヒカル・スールー役の彼だ。もっとも私の年代では「宇宙大作戦」のカトー役の俳優と説明された方がピンと来るかも。ジョージ・タケイ氏は日系二世で、幼少時を約3年間強制収容所で過ごした。

彼の来日時の講演がYouTubeにアップされていたので、紹介する。彼は母国アメリカに裏切られたのに、アメリカを愛していると言う。ビデオの内容は強制収容所や442部隊のこと、また私生活についても触れ、そして民主主義の肝腎を説く。日本語字幕が利用できるので、ご覧頂きたい。


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

無料ブログはココログ