2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« ジョージ・タケイ | トップページ | 文明のゆりかご »

2017年4月25日 (火)

ピエール・ブーレーズ

Pierre Boulezの姓は「ブーレーズ」と表記されることが多いが、フランス語の綴りからして、「ブレ」に近いと思っていた。もっとも「ブレズ」と発音する人もいるらしく、地域差があるようだ。マエストロは昨年他界された。90歳の大往生だった。

指揮者は概して長寿が多い。カール・ベームは86歳まで、カラヤンも81歳まで年を重ねた。私の好きなマゼールは84歳、スイトナーは87歳、、ジュリーニは91歳、ザンデルリンクは98歳まで生きた。もっとも指揮者として晩年まで第一線で活躍できたがどうかは別の話だ。

ブーレーズは晩年まで良い仕事ができたのではなかろうか。彼の演奏を生で聴いたわけではなく、CDからの印象にすぎないのだが、彼のストラヴィンスキー、バルトーク、ドビュッシーなどの演奏は素晴らしく、度々聴き直すのだが、飽きる事はない。それらは比較的新しい録音なので爽快感が残る。デジタル録音はヒスノイズが無く、静寂の中に微量な音を聴き取る事が可能だ。

彼のマーラーの作品全集を買い求めた。これらも新しい録音に入るだろう。マーラーは、特に交響曲の場合、長大なものが多く、従って人によって作品の好みが分かれ易い。私も6番は20年以上聴かずにいたのだが、目録に並んでいたので試してみた。

これを改めて好きになる事はなかったのだが、録音が良いため、細かなディテールが明瞭で、それなりに納得がいった。「大地の歌」は素晴らしかった。5番や9番も悪くない。マーラーの演奏は指揮者によって自己陶酔的なアプローチのものがかなりあるが、ブーレーズのパフォーマンスは明快で外連味がなく、それは他のバルトークなどの作品と共通しており、説得力に満ちている。

全集としての価格もお手頃で、総じて素晴らしいものなので、お勧めしたい。

« ジョージ・タケイ | トップページ | 文明のゆりかご »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/65194918

この記事へのトラックバック一覧です: ピエール・ブーレーズ:

« ジョージ・タケイ | トップページ | 文明のゆりかご »

無料ブログはココログ