2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月24日 (月)

SIMフリーはお得なんだから!

キャリアとの契約を終え、SIMフリーに乗り換えてから1年経つが、全く問題ない。最初にSIMフリー対応機種を購入する必要があるが、高止まりしているキャリアの契約料とSIMフリーの回線会社のそれの差額分により、その費用も1年位で回収できる。

問題は使用する人のスマホへの依存度だ。自宅に光回線を引いている場合はWi-Fiを使えるし、その方が速い。屋外での利用は極力回線の利用は避け、上手にフリーWi-Fiを活用する。私の場合、回線の利用はメールの確認とか、辞書、難解用語の検索などに使うので、3GBのミニマムプランでも余ってしまう。

音声通話もデータ利用も必要最小限に抑えれば、月額2000円以内に収まる。メジャーな会社を使えば安心だし、料金体系も明瞭だ。流動的なこの業界。長期で考えるよりも、現在のベストを選択するのが賢明。先のことは分からないし、状況が変われば、そのとき考え直せば良い。

2017年7月20日 (木)

醜に鈍感な事の方が問題

自宅階段の踊場に、溜まった通販の段ボールを置いて、すぐに処分するつもりでいたのだが、連日の暑さで億劫になり、そのままにしておいた。それが光景として見慣れると、気にならなくなり、既に一ヶ月が過ぎてしまった。

WBSは東京都が無電柱化に本格的に乗り出すことを報じていた。この問題の最大の阻害要因は、そのコスト高にあったが、番組では低コストの技術のことが紹介され、小池知事が本気なのが分かった。

電柱に限らず、痛々しい波除ブロック、派手で不揃いな看板、甚だ醜い高架橋等、日本の国土には景観を損なうものが多数ある。行政の怠慢を指摘するのは容易い。それよりも、そういった風景に鈍感な我々の方にも問題があると思うが。

2017年7月15日 (土)

香港を垣間見る

鹿児島と香港を結ぶLCCが増便されてから、香港からの観光客が随分増えたように思う。歓迎すべきことだろう。香港が中国に返還されてから20年経つが、その間の環境にも変化があったようだ。香港人は日常語である広東語に加え、中国語(北京語)、英語を流暢に操る。羨ましいかぎりだ。

そんな彼らに、私は以前は「您来自哪里?/どちらから?」と拙い北京語で尋ねたが、最近は広東語と北京語の区別が何となく出来るようになったので、「您是香港人吗?/香港の方ですか?」と言い方を改めた。ちなみにHong Kong/ホンコンは英語の発音であり、北京語では「シャンカン」と発音する。

彼らは中国復帰のことをどのように受け止めているのか?あくまで私の印象なのだが、本人たちは割とクールに受け止めているのでは?彼らには中国人としてのアイデンティティはあるわけで、学校教育でも北京語、広東語の両方を不備無く習得している。私の北京語での問いかけに、嫌な顔をすることはない。

つまり、香港を語る上で、香港が辿った歴史を今一度確認しなければならない。大英帝国と清国との間に1840年、阿片戦争が勃発し、この争いに勝利した英国は清国から領土の一部、香港を譲渡された。これは客観的史実である。そして英国と中華人民共和国との交渉の末、香港は返還され、中国の特別行政区となった。香港は中国の領土であり、これも客観的事実だ。

外国人が香港について、どのような注釈を入れようとも、それは自由かもしれない。しかし香港はこれからも中国の一部であり、香港の将来は中国人が決める事。当たり前の話だ。鹿児島から香港までの飛行時間は3時間20分ほどであり、東京の4時間45分より1時間20分以上短い。人口700万人以上の経済圏、香港。東京なんかに遠慮する事は無い。(笑)

香港の教育(Wikipedia)

2017年7月 1日 (土)

ぶつぶつ独り言

陸慷、洪磊、華春瑩ときて、ピーンとくるのはかなりの外交通だ。日本に対して常に上から目線で高圧的に物言う中国外交部の報道官たちだ。しかしアメリカが絡むと、トーンダウンするのは滑稽。あれでも彼らは疑いなく共産主義国家、中国のエリートであり、国家の上層部に位置する人たちだ。如何なる案件においても中国政府の正当性を代弁する。

ショーン・スパイサーといえば、あれでしょ。トランプ大統領の就任式の聴衆の数を水増しして、過去最多であると述べ、オバマ氏の時の写真と比較されて、実際とかけ離れていたとメディアに追求され、インターネット中継の視聴者も含めて報道したと釈明したホワイトハウスの報道官。ネットの正確な数は不明のため、更にヒンシュクを買った。

どこの国の報道官も親方の正義を誇示するために、全身全霊を傾けて掩護射撃を行う。 習近平氏やトランプ氏をフォローする場合も同じ事。まさにプロ中のプロ。腹立たしくもあるが、反面、健気でもあり、自分の役割に徹している。

そういえば、どこかの国の官房長官もこの役割を担ってましたね。時として不遜で、時として慇懃無礼で、常に低温動物のように無表情なご老人。彼のような人物も必要なんでしょうね。ご立派、ご立派。

« 2017年6月 | トップページ

無料ブログはココログ