« ヴィジョンある都市計画 | Main | 乙女座号 »

09/04/2017

相互理解

1942年2月19日、オーストラリア、ノーザンテリトリーのダーウィンに於いて日本軍爆撃機による空爆が始まった。この攻撃による死者は243名を数え、また負傷者も多く、民間施設への被害も甚大だった。爆撃は度々行われ、犠牲者の総数は1000人を超えたそうだ。これほどの事件にもかかわらず、オーストラリア政府はその公表をしなかった。厭戦ムードを避けるためであった。

8月5日に「カウラ事件」の犠牲者への慰霊式がオーストラリアのニューサウスウェールズ州カウラで執り行われた。1944年8月5日、カウラ捕虜収容所に収監されていた日本兵の一部が脱走を決行した。この事件で日本人231名、オーストラリア人4名の死者がでた。この悲劇は日豪両方で秘密にされた。やはり甚大な犠牲者からの悪影響に苦慮したものだった。

暑い日本の夏にも、海外からの観光客の姿が絶える事は無かった。中華圏、東南アジア、大洋州の人々と接しながら、戦争中の惨劇について、お互いに無視する態度も、無知である態度も、相互の理解の向上に役立たないと感じた。史実は史実として正確に把握する。加害者の立場からも、被害者の立場からも。他人行儀な交流は空しいだけだ。

ダーウィンの第2次世界大戦の歴史(オーストラリア政府観光局)

« ヴィジョンある都市計画 | Main | 乙女座号 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/65749402

Listed below are links to weblogs that reference 相互理解:

« ヴィジョンある都市計画 | Main | 乙女座号 »