« August 2017 | Main | October 2017 »

September 2017

09/29/2017

Remains of the summer

Beach1
It’s a sunny day and good for surfing.

Beach2
A good sea breeze blows to the coast.

Beach3
Oh,splaaaash!

Beach4
Do not miss the chance.

Beach5
Fukiagehama Sunset Bridge

There is Fukiagehama Beach(吹上浜)along the East China Sea in Kagoshima Prefecture, and the length is around 50 kilometers. A good sea breeze blows against the beach at the mouth of Manose River(万之瀬川) in Minamisatsuma City(南さつま市), so windsurfing and kitesurfing are actively performed.

The mouth of the river belongs to Fukiagehama Prefectural Natural Park(吹上浜県立自然公園). Both banks of the river are connected by Fukiagehama Sunset Bridge. The bridge is 405 meters long and 6 meters wide, completed in July 1993.

There are event plaza, pool, campground, bird observation facility, Nansatsu Youth Learning Center(南薩少年自然の家),etc. in the park.There is also a service of bicycle rental, and it can be used only within the cycling road in the park. In addition,Fukiagehama Sand Sculpture Festival(吹上浜砂の祭典)runs every May.

夏のなごり

鹿児島県の東シナ海に面した吹上浜は長さが50キロ近くある。南さつま市の万之瀬川の河口付近はこの延々と続く吹上浜と程よい海風が作用して、ウインドサーフィンやカイトサーフィンが盛んに行われる。

女性やシニアの姿も見かけた。これらのスポーツの人気の幅の広さが分かる。颯爽と海面を滑走したかと思えば、カイトの浮力を利用して軽々とジャンプする姿が目に留まる。一度その魅力に取り憑かれたら抜け出すのは困難だ。

Beach1
快晴の吹上浜。遠方には野間岳が。

Beach2
良い風が吹き寄せる。絶好のコンディション。

Beach3
Oh,splaaaash!

Beach4
好機をのがすべからず。

Beach5
吹上浜サンセットブリッジ

09/12/2017

乙女座号

マリンポートかごしまに大型クルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」が寄港し、時間が空いたので現地へ行ってみた。1999年にドイツで建造され、総トン数は75,338トン、全長268m、全幅32m、客室数935室、乗客定員数1,870名、航海速力24ノット、最大速力25.5ノットの豪華な船だ。

船内には和、洋、中華のレストラン、劇場、ジム、ジャグジー、プール、ウォータースライダー、美容室、図書館等が完備し、どうやら退屈する事はなさそう。大阪と横浜の発着があり、鹿児島を経由して上海へ向かい、日本に戻ってくる航路だ。船の中では「よしもと」のショーが催されるらしい。詳しくは公式サイトを!

Virgo1
巨大な「スーパースター・ヴァーゴ」が接岸中。

Virgo2
"Virgo"は乙女座の意味。

スーパースター・ヴァーゴの公式サイト

撮影機材:iPhone

09/04/2017

相互理解

1942年2月19日、オーストラリア、ノーザンテリトリーのダーウィンに於いて日本軍爆撃機による空爆が始まった。この攻撃による死者は243名を数え、また負傷者も多く、民間施設への被害も甚大だった。爆撃は度々行われ、犠牲者の総数は1000人を超えたそうだ。これほどの事件にもかかわらず、オーストラリア政府はその公表をしなかった。厭戦ムードを避けるためであった。

8月5日に「カウラ事件」の犠牲者への慰霊式がオーストラリアのニューサウスウェールズ州カウラで執り行われた。1944年8月5日、カウラ捕虜収容所に収監されていた日本兵の一部が脱走を決行した。この事件で日本人231名、オーストラリア人4名の死者がでた。この悲劇は日豪両方で秘密にされた。やはり甚大な犠牲者からの悪影響に苦慮したものだった。

暑い日本の夏にも、海外からの観光客の姿が絶える事は無かった。中華圏、東南アジア、大洋州の人々と接しながら、戦争中の惨劇について、お互いに無視する態度も、無知である態度も、相互の理解の向上に役立たないと感じた。史実は史実として正確に把握する。加害者の立場からも、被害者の立場からも。他人行儀な交流は空しいだけだ。

ダーウィンの第2次世界大戦の歴史(オーストラリア政府観光局)

« August 2017 | Main | October 2017 »