2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« マーク・ザッカーバーグ | トップページ | ぶつぶつ独り言 »

2017年11月29日 (水)

錦秋の曽木の滝公園

Sogifall1
曽木の滝公園展望台より

Sogifall2
曽木の滝全景 幅210メートル、落差は12メートルある。「東洋のナイアガラ」と称される。久方ぶりの訪問だが、雄大さは不変だ。

Sogifall8
河岸の紅葉が美しい。前日に雨が降ったため、滝の水量は膨大で、その迫力に圧倒される。近くに寄ると、細かなミストが顔にふりかかる。

Sogifall3
下流方面には新曽木大橋の姿。平成23年(2011)11月5日に開通。全長204メートルの斜張橋。ここから更に5キロほど下流には下ノ木場船着場跡(したんこばふなつきばあと)がある。

Sogifall7
河岸に展望テラスがあった。足下には透明なアクリル板が張られていた。滝の落差は10メートル以上あるらしいが、下を直接覗き込むと、さすがに足がすくむ。

Sogifall6
日本気象協会アプリの紅葉情報はドンピシャだった。

Sogifall4
堀之内良眼房顕彰碑が綺麗に修復された。


今年の10月に地元紙による堀之内良眼房顕彰碑修復の報道を目にした。海音寺潮五郎の小説「二本の銀杏」の主人公、上山源昌房のモデルが堀之内良眼房であることは了知していたが、良眼房の顕彰碑が曽木の滝公園にあることは認識していなかった。

また、曽木の滝の上流に位置した曽木大橋が、景観問題を理由に撤去され、滝の下流に掛け替えられることになり、その後の様子を見届けたい思いもあり、曽木の滝公園の紅葉のタイミングに合わせて、それらを確認するため、物見遊山に出かけることにした。

前日が雨であったこともあり、公園内の紅葉は一層艶やかで目映く思えた。滝に目を向けると、水量と流れは明らかに増幅されていた。滝上流にあった橋は、全くその痕跡をとどめず、古より続く大自然の希有な造形美だけが眼前に広がりを見せる。

天保の川浚え  藩政時代、菱刈地方の農民は薩摩藩への年貢米を、川内川下流の宮之城まで運ばねばならず、その負担が余りにも大きかったため、西原八幡神社の社司、堀之内良眼房は農民を救済するために、遥かに手前の下ノ木場に米倉を移設、その前提となる川内川の川浚えの諸計画を藩に進言し、これが認められ工事を指揮した。天保14年(1843)のことだ。

「源昌房は一切を点検し、なお不足なところは追々に補足することにして、工事にかかった。最初からの予定どおり、宮之城に近いところからはじめた。宮之城から少し上流の激湍が一番の難所工事だと思われたので、水の涸れている季節にやってしまう必要があったのだ。」下線部は海音寺潮五郎著「二本の銀杏」新潮文庫278頁からの引用である。

川内川の川浚えのお陰で、菱刈の農民は上納米を地元の下ノ木場まで運べば良く、そこから先は川を利用して下流へ輸送することが可能になった。瀑布の圧倒的な水量を眺めながら、往時の苦難に思いを寄せるのも悪くない。尚、二本の銀杏は工事のあらましを丹念に描写しているが、上山源昌房と郷士頭本郷家当主の妻、お国との不義をも織り込み、作者の郷土への熱い思いが伝わってくるので、一読をお薦めしたい。

« マーク・ザッカーバーグ | トップページ | ぶつぶつ独り言 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/66096840

この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋の曽木の滝公園:

« マーク・ザッカーバーグ | トップページ | ぶつぶつ独り言 »

無料ブログはココログ