« 音声入力が便利 | Main | よくある話? »

01/20/2018

中村晋也美術館へ

Statues1
中村晋也美術館(鹿児島市石谷町)

Statues2
島津義弘像(JR伊集院駅) 実物大のレプリカが美術館に納められている。

Statues3
天璋院篤姫像(鹿児島市黎明館)

Statues4
大久保利通像(鹿児島市西千石町) やはり実物大のレプリカがある。

Statues5
若き薩摩の群像(JR鹿児島中央駅桜島口)


以上は鹿児島県内にある中村晋也氏の作品の数々だ。先日、中村晋也美術館を訪問した。数多の作品が展示されている。徐に3階へ上がった。薬師寺に納められた釈迦十大弟子像のレプリカが整然と配置されていた。瘦身な、彫りの深いコーカソイド系の顔立ちだ。

島津義弘像や大久保利通像の実物大のレプリカが1階に並んでいた。美術館自体は決して狭くはないのだが、巨大な作品群に囲まれるとかなり窮屈に感じる。実物はとても大きいのだ。それから全国に点在する作品のレプリカも多数公開されている。青森県五所川原市の太宰治像、大阪城内豊国神社の豊臣秀吉像、愛媛県今治城の藤堂高虎像、大阪取引所の五代友厚像等々が目を引いた。

リヒャルト・ワグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」をモチーフにした「愛の国伝説」も圧倒される。高さ7.2メートル、幅4メートルあるレリーフだ。ワグナーの作品のなかでも「指輪」の巨大さは群を抜いており、就中、楽劇「ワルキューレ」の第3幕前奏曲「ワルキューレの騎行」は殊に有名だ。「リング」の世界観を具現化している。

2015年、世界遺産の奈良の薬師寺の西塔に、「釈迦八相」のうちの四相を表現した像が安置され、そのうちの「成道」のレプリカが、やはり当美術館に納められている。現世の混沌のなかで、悟りを開いた釈迦の穏やかな表情が印象的だ。

余りにも多くの作品があり、ここで全てを紹介することはできないが、興味が尽きることはないので、また足を運ぶことにしよう。

« 音声入力が便利 | Main | よくある話? »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/66293336

Listed below are links to weblogs that reference 中村晋也美術館へ:

« 音声入力が便利 | Main | よくある話? »