無料ブログはココログ

Recent Comments

« March 2018 | Main | July 2018 »

June 2018

06/04/2018

7500形、ローレル賞受賞。

7500kei1
昨年(2017)の3月より運転開始した7500形。

7500kei2
初代1000形  2002年に登場した時は感動した。これが超低床の電車かと。

7500kei3
現JR鹿児島駅駅舎  駅周辺は鹿児島市がJR九州と協力して、大幅に整備するらしく、鹿児島中央駅周辺、谷山駅周辺とならび、街の再開発が進むことだろう。

7500kei4
いち早く整備された上町ふれあい広場。愛称は「かんまちあ」。


鹿児島市交通局の超低床電車7500形(ユートラムIII)が鉄道友の会の2018年のローレル賞を贈られた。これは初代ユートラム1000形が2003年に受賞して以来の快挙であり、今回の受賞も鹿児島市民として誇らしい。

実はJR鹿児島駅が改築されるとのニュースを知り、現駅舎が取り壊される前に写真におさめようと目論んだ。そしてイオン鹿児島鴨池店(旧ダイエー鹿児島店)の屋上に車を置き、郡元電停で路面電車を待っていたところ、偶然にも7500形が到着したので、これ幸いと乗車したのだ。

7500形は1000形の問題点を上手に解決した素晴らしい車両だ。初代に比べて座席数は格段に増え(10〜13増)、また初めて案内表示をLEDに置き換え、外国人客にも配慮した便利なものに改められた。新型モーターの採用により運転席のスペースを削り、その分を座席に割り当てられた効果は大きい。

7500形は経済性を最大限に優先したものであり、これは私の推測であるが、7000形よりも製作費用をセーブ出来たのではなかろうか。欲を言えば熊本市電のようにクロスシートを採用して、観光客の楽しみを充足し、また外観デザインに工夫があっても良かった。まあ、これは経営の現場を知らない素人のわがままに相違ないけれど。

現時点では最高クラスの車両が登場したと考えるべきだろうし、ローレル賞受賞も納得がいく。

撮影機器:iPhone

06/02/2018

フランスのポナン、日本へ本格参入。

今年の4月、鹿児島市の北埠頭にフランスのマルセイユに本社を置くポナン(Ponant)の客船ロストラル(L'Austral)が寄港したとの記事を新聞で読んだ。ポナンの客船の総トン数は凡そ10,000トン位で、昨今の大型客船の規模からすれば大きくないが、反面小回りが利き、南極クルーズなどを売りにしている人気のある船会社だ。

このサイズのクルーズ船なら北埠頭に接岸可能で、マリンポートかごしまと併せて多種多様な船舶のニーズに対応できる。そしてポナンは今年の6月より日本のクルーズ市場に本格参入するらしく、6月8日に大阪を出発後は屋久島に寄り、そして目的地のフィリピンを目指す。また来年には同社のル・ソレアル(Le Soleal)やル・ラペルーズ(Le Laperouse)も鹿児島寄港を果たす予定。

本年は大型客船の鹿児島入港が相次いでいる。今後は質と量の両面から鹿児島の受け入れ態勢の強化が望まれるに違いない。

Pier1
北埠頭にて 潮のかおり北埠頭〜♫


Pier2
アオサギ 英名はGrey heron。山下達郎の曲にヘロンという作品があったと思うけど。


« March 2018 | Main | July 2018 »