« 7500形、ローレル賞受賞。 | Main | 右ハンドル »

06/12/2018

口語英語

私も口語英語には手を焼いている。もちろん現在も。DVDが登場した時、アメリカ映画の台詞に英語のキャプションを利用できるようになり、これで日常会話の習得が進むと考えたが、甘かった。画面下に現れる英語の文字列は、簡単な単語で構成されているのだが、意味がまったく把握できない。「こいつが口語表現か」と落胆した。「ああ、受験英語は使えん!」とため息を漏らした。

例えば、"I'll beat the pants off him!"とか、"He has it in him"とか、"Let's live it up"とか、簡単な単語の羅列なのに、話し手の意図が読み取れないで苦労した。そのうえ、映画の場合、場合によってはかなり恣意的に意訳した日本語訳が並び、まったく英語の勉強にならなかった苦い思いでがある。

上記の意味は、順番に「私なら彼を完全にやっつけられるよ。」「彼、勇気あるよね。」「さあ、楽しもうよ!」という感じだろうか?これらの用例は"weblio"の英和辞書に全て載っている。このサイトは情報量が豊富で、会話にそのまま使える表現が学べる。weblioの英語翻訳も結構使えるので、意味が分からないと直に諦めずに、じっくり調べてみよう。せっかくキャリアに高いスマホ使用料払っているわけだし、きっちり元は取りましょうよ、皆さん。

« 7500形、ローレル賞受賞。 | Main | 右ハンドル »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/66823055

Listed below are links to weblogs that reference 口語英語:

« 7500形、ローレル賞受賞。 | Main | 右ハンドル »