無料ブログはココログ

« June 2018 | Main | August 2018 »

July 2018

07/18/2018

グスコーブドリの伝記

宮沢賢治が童話「グスコーブドリの伝記」を著した1932年当時、東北は「やませ」と呼ばれる冷害に襲われ、稲の不作が続く苦難の時代だった。物語の中で主人公のブドリは、イーハトーブの深刻な冷害を食い止めるため、カルボナード火山を意図的に爆発させることで、炭酸ガスを大気中に放出させ、その被害を最小限に抑える試みをした。現代人の視点からすると、温室効果ガスの働きをいわば逆手に取った考えで、賢治の先見性が伺える。

今日、稲の品種の改良によって、冷害に強い稲作が行われている。人々のたゆまぬ努力により、日本人は自然の脅威と直に向き合い、克服した。それどころか、東北は日本有数のお米の産地として日本はおろか、海外にも知られるようになった。研究者の不断の努力には頭が下がる。

日本は自然災害が多い。しかもその数と規模たるや尋常ではない。地震に関しては、鴨長明の方丈記の京都を襲った「文治地震」の記述が有名だし、元寇の時に台風が吹いた(戦の趨勢に台風が関与したかどうかは、歴史学者に異論があるのも事実)ということを我々は知識として持っている。

記憶に新しい自然災害だけでも、東日本大震災(2011)、広島市の土砂災害(2014)、御嶽山噴火(2014)、熊本地震(2016)、九州北部豪雨(2017)、大阪北部地震(2018)、そして西日本を中心にしたこの度の集中豪雨災害(2018)など、日本列島は複雑に入り組んだユーラシアプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレート等の上に漂う脆弱な木造船のようでもあり、開闢以来、自然災害が収まった形跡が全くない。

そんな有史以来連綿と続く惨劇の連鎖に、臆することなく向き合ってきた我々祖先の気丈な精神に敬服するしかない。禍事を嘆いても終ることはないし、未来永劫続く自然災害に挑む気概こそが、勤勉な日本人の国民性を育んできたと私は考える。決して偶然の産物ではない。

日本列島のどこにも安全が完全に保障された場所はない。将来起こることが確実視される南海トラフや相模トラフ起因の大地震についても、日本国民の英知を結集して、被害を最小限に食い止めなければならない。特に首都圏を直下型の大地震が襲えば、日本全体が長期に麻痺してしまうはずだ。日本列島に住み続ける限り、我々はこの運命を甘受し、乗り越えなければならない。

宮沢賢治が「グスコーブドリ」を世に送り出した時代、彼が作品のなかで想定した温室効果ガスの役割は、なんと冷害の撲滅にあったとは。今の地球温暖化の危機は、温室効果ガスが一因になっているなんて皮肉だし、果たして賢治はこれを想定通りと考えただろうか、あるいは想像すらしなかったと嘆いただろうか。


P.S.宮沢賢治の作品は青空文庫で読むことができます。

07/03/2018

鹿児島市電(専用軌道を往く)その2

Tram8
二軒茶屋電停に鹿児島駅前行きの2122号(旧鶴岡号)が間もなく到着する。二軒茶屋の名前は旧谷山街道沿いに2軒の茶屋があったことに由来するらしいが、東京の三軒茶屋の場合は茶屋が3軒あったらしい。さらに大阪市の天下茶屋の地名は、豊臣秀吉が此の地で千利休に茶を点てさせたと伝えられているためだ。

Tram9
宇宿一丁目電停にて上りホームより下り電車を撮影。1991年8月に撮ったこの辺りの写真も私のブログに載せているが、今回の写真とその当時のものと、あまり変わらないことに驚いた。試しにモノクロ写真に加工してみた。如何だろうか?

鹿児島市電PART3(発見・鹿児島!)


Tram10
こちらは元画像。尚、宇宿一丁目電停は1979年に近隣住民の要望で設けられた比較的新しい電停だ。

Tram11  
宇宿一丁目電停下りホームより谷山行き電車を撮影。当日は気温が上昇し、30℃位あったと思うので、陽炎現象が起きた。電車の姿が揺らいでいるのがお分かりだろうか?500形や600形などの古い車両は、この区間との相性が抜群だ。まさにフォトジェニックな一枚。

Tram12
終点の谷山電停
2012年7月1日に鹿児島市電開業100周年を記念して「日本最南端の電停」の碑が建立された。

Tram13
谷山電停にて出発を待つ鹿児島駅前行き超低床電車7500形。

私が幼稚園児のとき、家族が引っ越しをして、卒園までの暫くの間、遠距離の電車通園を行った。鹿児島市電に連接車両が走っていたのをはっきりと覚えている。マイカーブーム到来以前の時代だったので、電車は市民にとって普段使いの最たるものだった。もっともそのことで、私が電車に対して思い入れを深めたわけではなかった。

生活の基盤が東京にあった頃、夏休みに帰省した折り、熱心だった一眼レフカメラによる撮影の被写体を求めた末に、故郷らしい情景、すなわち市電を撮ることを私は決めた。元来、一つのことに執着するのが苦手で、鉄道マニアの諸氏のような細かな知識を私は持ち合わせてはいない。乗り物全般に興味があるし、風景や動物写真も撮る。写真全般が好きであり、鉄道のみに固執するわけではない。従って、7500形のローレル賞受賞は、路面電車に再び興味を注ぐ良いキッカケだった。

路面電車の撮影は実に面白い。その性質上、市街地を縫って走る電車は、街並の景観と一体で、時代の変遷や日々の移ろいを端的にファインダーの中に取り込める。私はその点を常に意識して撮る。故郷が刻々と変わってゆくのは、期待感と喪失感の両面があり、それは心の充足につながる。要するに故郷の有り様が気になるのだ。鹿児島は発展し続けるのだろうか?あるいは衰退の一途を辿るのだろうか?故郷を愛するということは自己愛に他ならず、私にとって写真はその投影なのかもしれない。


07/02/2018

崎津集落、世界遺産登録決定。

司馬遼太郎の「街道をゆく(17)島原・天草の諸道」の内容に魅せられ、私は2002年に天草の崎津教会を訪れた。当日は快晴に恵まれ、桜もほころび始めていた。そしてこの時の様子を「発見・鹿児島!」に載せた思い出がある。

「崎津教会は永禄12年(1569)にアルメイダ神父によって崎津の地に創建された。現在の建物は明治18年(1885)に建てられ、昭和9年(1934)にハルブ神父によりゴシック様式のものに改築された。」と記していた。

ユネスコの世界遺産委員会は6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を世界文化遺産に登録すると発表した。2015年に政府が同委員会に推薦したものの登録に至らず、今回の再挑戦で晴れて努力が結実したわけだ。

「崎津集落」は長崎市の「大浦天主堂」などと並んで潜伏キリシタン関連遺産を構成する一つだ。ここへは長島町の蔵之元港より天草市の牛深港へフェリーで渡り、国道266号、国道389号を経由して行くことができ、鹿児島市からも日帰り可能だ。とてものどかで、教会の尖塔が美しいので是非足を運んで欲しい。


Amakusa


07/01/2018

鹿児島市電(専用軌道を往く)その1

Tram1
鹿児島市電郡元電停  
イオン鹿児島鴨池店と電停との間に歩道橋が設けられている。長らくダイエー鹿児島店として市民に親しまれたが、イオン九州に吸収され、2015年9月1日より「イオン鹿児島鴨池店」に名称が変更された。写真の電車は右が1000形で左が7000形。1000形は鹿児島市交通局の超低床電車の先駆けとなり、2003年、鉄道友の会よりローレル賞を贈られた。

Tram2
歩道橋より郡元(南側)電停を望む。パースペクティブな眺望と緑化された軌道敷が印象的。尚、緑化の目的は「ヒートアイランド現象の緩和や都市景観の向上を図るため」であり、電車走行中の騒音の低減効果もあるようだ。

Tram3
信号待ちの上り電車(7000形)は郡元電停へ。この車両は2007年4月デビュー。

Tram4
涙橋電停  
下りの新型車両7500形(ユートラムIII)が到着。当車両は2017年3月より供用開始し、2018年のローレル賞に輝いた。

Tram5
新川4号踏切道(涙橋と南鹿児島駅前の間)手前  
谷山行きの7000形が来た。いよいよ専用軌道区間に突入する。進路が大きくカーブするので、見応えがある。

Tram6
南鹿児島駅前電停  
上部はJR九州指宿枕崎線南鹿児島駅のホームで、下部の鹿児島市電に接続している。志學館大学のキャンパスが霧島市から鹿児島市紫原の旧鹿児島女子短期大学の敷地に2011年4月に移転。JR南鹿児島駅や市電の電停を利用する学生の姿を多く見かけた。

Tram7
南鹿児島駅前電停の向いには旧谷山街道に面してエレベーターが設置され、ここより紫原陸橋に直結している。


鹿児島市電谷山線の涙橋電停を過ぎると、電車は専用軌道に入っていく。営業区間としては5キロに満たないが、旧谷山街道に沿った路線はのどかな住宅地であり、とても風情がある。市内中心部に向かう併用軌道区間が表通りに敷設され、建物の更新が著しいのとは対照的だ。

私は四半世紀以上前に、この区間を熱心に写真に収めたが、当時と現在とで、印象が余り変わらないような気がした。それでも、そこかしこに微細な変化があり、改めて確認するのもなかなか楽しかった。鹿児島市交通局の新型車両7500形(ユートラムIII)が2018年のローレル賞に輝いたことを機に、鹿児島市民の自慢の路面電車の姿を目に焼き付けたい衝動が私を襲ったようだ。

Kagoshima City Tram Part Three

Tram5
7000 Series tram has appeared. When trams pass through Namida-Bashi Stop, they enter into the exclusive track. Since the course curves greatly, it is spectacular.

Tram8
2100 Series bound for Kagoshima-Ekimae will arrive soon at Niken-Jaya Stop(二軒茶屋電停).

Tram10
At Usuki-1-Chome(宇宿一丁目)Stop

Tram11  
This picture was also taken at Usuki-1-Chome Stop. As the temperature rose on that day, and was around 30 degrees centigrade. So heat haze occurred. Can you see the appearance of the tram is a bit hazy?

Tram12
Taniyama(谷山)is the terminal stop of the tram. "The southernmost tram stop in Japan"monument(日本最南端の電停の碑)was built for the commemoration of the 100th anniversary of Kagoshima City Tram on July 1st 2012.


Tram13
The tram bound for Kagoshima-Ekimae is waiting for departure at Taniyama Stop. This is the latest model"7500 Series",and has started operation since March 2017.


Epilogue
The pictures of tram are interesting. Because of its nature,trams run through urban areas, and they become united with the scenery of cityscape, so that changes in the times and changes in everyday life can be briefly expressed in them.

I always take pictures with those points in mind. My hometown gradually changes, namely there are both anticipation and loss feeling.These are related to the satisfaction of my mind.

In short,I care about my hometown. Will Kagoshima continue to develop? Or will it continue to decline? To love my hometown, that is to love myself. It could be a projection of mind for me.

Kagoshima City Tram Part Two

Chuo1
JR Kagoshima Chuo Station(鹿児島中央駅)and Kagoshima-Chuo-Ekimae Stop(鹿児島中央駅前電停)
Kagoshima Chuo Station is the main station and has the most passengers of Kagoshima Prefecture. It is the terminal station of Shinkansen(新幹線)at the southernmost of Japan. The current station building was built to open Kyushu Shinkansen(九州新幹線)in 1996.

Tram34
Nishi Kagoshima Station(西鹿児島駅/old station building)
It was rebuilt because former station building disappeared in World War II. As Kyushu Shinkansen opened, it was rebuilt again to the current one, and its name has been also changed to Kagoshima Chuo Station.

Statues5
Wakaki-Satsuma-no-Gunzo(若き薩摩の群像/Statue of Satsuma Students)
It is in front of JR Kagoshima Chuo Station Sakurajima Gate(桜島口),and was also produced by Nakamura Shinya in 1982. According to the order from Shimazu Clan(島津氏),Satsuma Domain(薩摩藩),they studied in the UK,and had played the central role in the development of Satsuma and Japan after returning homeland.

Tram1
Korimoto Stop(郡元電停)
Route 2 trams depart from Kagoshima-Eki-Mae and arrive at Korimoto,the endpoint via Kagoshima-Chuo-Ekimae. In order to go to Taniyama,you need to transfer to Route 1. Please get a transfer ticket(乗り換え券/norikae-ken)from the driver. In addition, you have to transfer within an hour. Of course, if you have a one-day ticket, that's not necessary. The tram on the right side is called 1000 Series(1000形)and has started operation since 2002. It is the first "low-floor tram" of Kagoshima City Tram.

Tram2
A view of Korimoto-Minamigawa Stop(郡元電停南側)from the pedestrian bridge. Perspective view and greenbed track are impressive. The purpose of greening is to mitigate the heat island phenomenon and to improve the urban landscape,and also has the effect of reducing noise.

Tram3
The tram named 7000 Series waiting for the signal goes to Korimoto Stop. It has started operation since 2007

Tram7
Namida-Bashi Stop(涙橋電停)
An old tram bound for Taniyama has just arrived. It is called 600 Series,and is over 55 years old. Awesome!

Kagoshima City Tram Part One

Maptram
ROUTE MAP

Tram1
Kagoshima-Ekimae Stop(鹿児島駅前電停)
The tram stop is next to JR Kagoshima Station(鹿児島駅). The construction of Kagoshima Main Line was completed in 1909. At that time, Kagoshima Station was the terminal station of the line. But newly opened line has become Kagoshima Main Line since 1927. And original line has become Hisatsu Line(肥薩線). Kagoshima Station's name has not changed.

Tram2
Shiyakusho-Mae Stop(市役所前電停)
The construction of Kagoshima City Hall Building was completed in 1937. The design was Ministry of Finance's Building Management Department(大蔵省営繕管財局工務部), and was also known as the department that designed National Diet Building.

Tram3
Asahi-Dori Stop(朝日通電停)
The retro building on the left is Yamakata-Ya(山形屋), the local depertment store. The founder of Yamakata-Ya is Genemon,first generation(初代源衛門), and was a safflower merchant from Dewa(出羽),that is current Yamagata Prefecture(山形県).

The Shimazu's 25th lord Shimazu Shigehide(島津重豪)disliked Satsuma's conservative and closed style, opened the country and welcomed foreigner's entry. At this time, Genemon moved to Satsuma and ran a kimono shop(呉服屋). In Meiji Era(明治時代),Iwamoto Shinbei(岩元信兵衛),the fifth generation, developed Yamakata-Ya and the prosperity has been continuing until now.

Tram_2
Izuro-Dori Stop(いづろ通電停)
At Izuro Intersection(いづろ交差点),there are antique stone lanterns. These stone lanterns are called ishidoro(石灯籠)in Japanese. Ishidoro was said to have become "Izuro" for Kagoshima dialect.

Tram5
Tenmonkan-Dori Stop(天文館通電停)
This neighborhood is called Tenmonkan(天文館). That name stands for astronomical observatory,and it is the downtown area of Kagoshima City. Shimazu Shigehide,25th lord of Satsuma established the astronomical observatory here, so it is called like this.

Tram6
Okubo Toshimichi(大久保利通)Statue
There is statue of Okubo Toshimichi near Takami-Bashi stop(高見橋電停),who is one of the biggest contributors of Meiji Restoration(明治維新). This statue was produced by Nakamura Shinya(中村晋也) in 1979. He is a Professor Emeritus of Kagoshima University, and is also a member of The Japan Art Institute(日本芸術院会員).


Introduction
Kagoshima City Tram has started as KAGOSHIMA-DENKI-KIDO(鹿児島電気軌道)since December 1st, 1912. It was transferred to Kagoshima City on July 1, 1928. By opening Ishiki Line(伊敷線)in 1961, the number of operating kilometers had extended to 19.4 km.


The tram introduced one person operation in 1967,uniform fare system in 1969,transfer tickets on 1975. It has always been streamlining management and improving service. However that was difficult to follow the rapid change of motorization,Kanmachi Line(上町線), Ishiki Line(伊敷線)were abolished in1985. The current number of operating kilometers is 13.145 km.

« June 2018 | Main | August 2018 »