« 人工光合成 | Main | ケンマくん »

09/24/2018

宮ヶ浜

Miyagahama1
JR指宿枕崎線の宮ヶ浜駅のホーム越しに鹿児島湾、そして大隅半島の山々を望む。ベンチに腰掛けて、ぼんやり海を眺めるも良し、居眠りするも良し。

Miyagahama2
宮ヶ浜港防波堤(指宿市西方)  
自然石を積み上げた防波堤がとても美しい。天保5年(1834)に薩摩藩第十代藩主、島津斉興の命により建設された。全長約215Mで、この海岸一帯は公園となっている。国の登録有形文化財。

Miyagahama3
ここは捍海隄(かんかいてい)とも呼ばれ、緩やかな曲線を描いている。遥か遠くに魚見岳が、その左手には知林ヶ島が見える。

Miyagahama4
宮ヶ浜港防波堤に隣接する公園より

Miyagahama5
JR宮ヶ浜駅を通過する特急「指宿のたまて箱」


東京でサラリーマンをしていたころ、中央線のホームで、通過中の松本行き特急「あずさ」を横目に見ながら、今日は仕事を投げ出して、逆方向の信州へ逃避行しようかなどと空想してみたことがあった。無論、そんなことはできるはずもなかったが、休日にそれを叶えたときは気分が良かった。

宮ヶ浜駅のホーム越しに見える海岸のベンチに目を向けながら、今日一日何もせず、ここに佇んでたら、どれほど気分転換ができるだろうか、やはり想像し、やってみたが、実際は30分と続かなかった。それでも空想することはなかなか楽しい。そんな風景がここにはある。

この無人駅に暫くいると、普通列車が到着し、観光客らしき人が降りてきた。そして駅の玄関で待機していたホテルの人と挨拶を交わし、送迎車はそのまま駅を離れた。なるほど、この駅は人々の素敵な旅行を演出してくれるのだ。とてもハッピーな気分で、私は帰路についた。

« 人工光合成 | Main | ケンマくん »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21913/67199808

Listed below are links to weblogs that reference 宮ヶ浜:

« 人工光合成 | Main | ケンマくん »