« 清水岩屋公園 | Main | 収穫逓減の法則 »

12/04/2018

工業試験場跡地?ちょっと狭いんじゃない。

鹿児島中央駅西口の県工業試験場跡地に、県が新しい総合体育館の建設を予定しているらしい。地上4階建て、地下1階建て、メインアリーナの客席数は最大8千席。駐車台数は145台。

下荒田の県体育館との比較だが、こちらは地上3階建て、駐車台数は約100台。そもそも老朽化と全国基準に満たない建物の整備(開館から60年近く経っている!)を意図して、新しい施設の構想が練られたのではなかったのだろうか。

それと、県は施設のアクセスには、公共交通機関の利用を前提としているようだが、県下全域からの来場、例えば大隅半島から来られる人々には、車の利用が絶対に必要であり、余裕のある駐車スペースを確保しなければならない。選択肢の多いアクセス手段を考えるべきであり、現段階でその方法を限定するのは得策ではないし、現候補地はその要求を満たさない。

残念ながら、過去の経験から、私は県の分析を信用していない。閑古鳥が鳴いている北埠頭旅客ターミナルの建設の失敗を、県の関係者はどのように考えているのだろうか。度々言うようだが、物事は長い目で捉えなければならない。短絡的な発想は直に陳腐化する。

県庁にほど近い県総合体育館は、1974年にジャイアント馬場がジャック・ブリスコを破り、NWAのチャンピオンベルトを奪取した栄光の場所だ。私もあの試合はテレビで観ていた。興奮した。栄光の地位を引き継ぐ新体育館であるからこそ、それに恥じないものを作ってほしい。


« 清水岩屋公園 | Main | 収穫逓減の法則 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 工業試験場跡地?ちょっと狭いんじゃない。:

« 清水岩屋公園 | Main | 収穫逓減の法則 »