無料ブログはココログ

« 吹き抜く風のように | Main | 遥か »

03/08/2019

ぎょうざの丸岡

味の素の冷凍餃子はよく購入する。安くて、美味しいし、フライパンにのせてそのまま焼けば、無難に仕上がる。水も油も要らず、しっかり羽根までついてくる。これはこれとして、ひとつの完成形なのかもしれない。

丸岡の餃子も以前から気になっていた。宮崎、鹿児島では殊に有名で、要は生餃子の店頭販売なのだが、やはり冷凍とはひと味もふた味も違った。ホームページによれば、材料はキャベツ、豚肉、にんにく、青ねぎ、調味料、そして手作りの皮だけらしい。

生餃子なので、油を敷くが、餃子の粉(コーンスターチ)が加えた水に溶け込み、立派な羽根ができる。キャベツの甘さとニンニクの程よい香りが口一杯に広がり、また餃子の皮の柔らかな口当たりは冷凍では有り得ない。

餃子のイメージは人によって異なるだろうが、少なくともラーメン屋でラーメンとセットで食するような油っぽい感じではない。実に家庭的なさっぱりしたものだ。購入当日も主婦がたくさん買い求めていた。値段も手頃だ。おそらく夕食に供されるのだろう。人気の程がうかがえる。

Maruoka
ぎょうざの丸岡中山店  駐車場がとても広かった。

« 吹き抜く風のように | Main | 遥か »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぎょうざの丸岡:

« 吹き抜く風のように | Main | 遥か »