07/18/2018

グスコーブドリの伝記

宮沢賢治が童話「グスコーブドリの伝記」を著した1932年当時、東北は「やませ」と呼ばれる冷害に襲われ、稲の不作が続く苦難の時代だった。物語の中で主人公のブドリは、イーハトーブの深刻な冷害を食い止めるため、カルボナード火山を意図的に爆発させることで、炭酸ガスを大気中に放出させ、その被害を最小限に抑える試みをした。現代人の視点からすると、温室効果ガスの働きをいわば逆手に取った考えで、賢治の先見性が伺える。

今日、稲の品種の改良によって、冷害に強い稲作が行われている。人々のたゆまぬ努力により、日本人は自然の脅威と直に向き合い、克服した。それどころか、東北は日本有数のお米の産地として日本はおろか、海外にも知られるようになった。研究者の不断の努力には頭が下がる。

日本は自然災害が多い。しかもその数と規模たるや尋常ではない。地震に関しては、鴨長明の方丈記の京都を襲った「文治地震」の記述が有名だし、元寇の時に台風が吹いた(戦の趨勢に台風が関与したかどうかは、歴史学者に異論があるのも事実)ということを我々は知識として持っている。

記憶に新しい自然災害だけでも、東日本大震災(2011)、広島市の土砂災害(2014)、御嶽山噴火(2014)、熊本地震(2016)、九州北部豪雨(2017)、大阪北部地震(2018)、そして西日本を中心にしたこの度の集中豪雨災害(2018)など、日本列島は複雑に入り組んだユーラシアプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレート等の上に漂う脆弱な木造船のようでもあり、開闢以来、自然災害が収まった形跡が全くない。

そんな有史以来連綿と続く惨劇の連鎖に、臆することなく向き合ってきた我々祖先の気丈な精神に敬服するしかない。禍事を嘆いても終ることはないし、未来永劫続く自然災害に挑む気概こそが、勤勉な日本人の国民性を育んできたと私は考える。決して偶然の産物ではない。

日本列島のどこにも安全が完全に保障された場所はない。将来起こることが確実視される南海トラフや相模トラフ起因の大地震についても、日本国民の英知を結集して、被害を最小限に食い止めなければならない。特に首都圏を直下型の大地震が襲えば、日本全体が長期に麻痺してしまうはずだ。日本列島に住み続ける限り、我々はこの運命を甘受し、乗り越えなければならない。

宮沢賢治が「グスコーブドリ」を世に送り出した時代、彼が作品のなかで想定した温室効果ガスの役割は、なんと冷害の撲滅にあったとは。今の地球温暖化の危機は、温室効果ガスが一因になっているなんて皮肉だし、果たして賢治はこれを想定通りと考えただろうか、あるいは想像すらしなかったと嘆いただろうか。


P.S.宮沢賢治の作品は青空文庫で読むことができます。

07/02/2018

崎津集落、世界遺産登録決定。

司馬遼太郎の「街道をゆく(17)島原・天草の諸道」の内容に魅せられ、私は2002年に天草の崎津教会を訪れた。当日は快晴に恵まれ、桜もほころび始めていた。そしてこの時の様子を「発見・鹿児島!」に載せた思い出がある。

「崎津教会は永禄12年(1569)にアルメイダ神父によって崎津の地に創建された。現在の建物は明治18年(1885)に建てられ、昭和9年(1934)にハルブ神父によりゴシック様式のものに改築された。」と記していた。

ユネスコの世界遺産委員会は6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を世界文化遺産に登録すると発表した。2015年に政府が同委員会に推薦したものの登録に至らず、今回の再挑戦で晴れて努力が結実したわけだ。

「崎津集落」は長崎市の「大浦天主堂」などと並んで潜伏キリシタン関連遺産を構成する一つだ。ここへは長島町の蔵之元港より天草市の牛深港へフェリーで渡り、国道266号、国道389号を経由して行くことができ、鹿児島市からも日帰り可能だ。とてものどかで、教会の尖塔が美しいので是非足を運んで欲しい。


Amakusa


06/23/2018

さくら

アニメ「坂道のアポロン」の第九話で、桂木淳一が独り夜行列車で東京に向けて佐世保を離れるシーンがある。深堀百合香がホームに見送りに来ていたが、淳一は高校生である彼女と別れて去るつもりだった。しかし愛おしい彼女を断ち切ることかなわず、そのまま駆け落ちすることになる。そのとき映像には寝台特急「さくら」の姿があった。

この作品にノスタルジックな想いを募らせる人は多い筈。"Moanin","My Favorite Things","My Funny Valentine"など、ジャズのスタンダードが挿入され、アメリカの雰囲気漂う佐世保の街の匂いを演出する。「エンプラ反対」の騒ぎは辛うじて幼かった私の記憶に留まっていた。方言の持つ温かみが心に沁みた。

乗り物ニュースに「なぜ消えた? 夜行列車が衰退した理由 毎日運転は2本だけ」という記事が載っていた。利便性や価格競争で夜行列車の運行は衰退し、現在はサンライズ出雲、サンライズ瀬戸のみが営業を継続している。かつて鹿児島にも「はやぶさ」や「なは」などの寝台特急が鉄路を行き交っていた。「坂道のアポロン」の作者の小玉ユキさんは佐世保の出身だ。「さくら」の名前はそのまま故郷の情景に繋がるのだろう。

JR九州の「ななつ星」の成功を見つめながら、急がない旅を列車で演出できないものか思い巡らせてみた。けれど郷愁のみで鉄道経営は成り立たない。結局、利便性や経済性を求めたのは我々自身なのだから。

06/22/2018

右ハンドル

現在、鹿児島ー香港間はLCCが毎日のように運行しており、天文館周辺、あるいは県内の観光地では広東語を多く耳にする。香港は日本同様、車は右ハンドルなので、レンタカーの利用が多いのを実感する。

Commonwealth(英連邦)の影響が大きいアジア、大洋州では意外と右ハンドルの国が多い。ざっと目を通すと、香港、マカオ、インド、インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイ、オーストラリア、ニュージーランド等々。世界の大勢は左ハンドルかもしれないが、右ハンドルも負けてはいない。

タイや香港等を旅行して日本車の存在が圧倒的であることを感じている人は多い筈。右か左かは日常の習慣なので、常に危険を伴う車の運転では、その違いは大きい。慣れた右ハンドルで、高性能な日本車を使用できることは利点であり、この辺りからもインバウンド・ツーリズムの促進を考えたいものだ。

06/12/2018

口語英語

私も口語英語には手を焼いている。もちろん現在も。DVDが登場した時、アメリカ映画の台詞に英語のキャプションを利用できるようになり、これで日常会話の習得が進むと考えたが、甘かった。画面下に現れる英語の文字列は、簡単な単語で構成されているのだが、意味がまったく把握できない。「こいつが口語表現か」と落胆した。「ああ、受験英語は使えん!」とため息を漏らした。

例えば、"I'll beat the pants off him!"とか、"He has it in him"とか、"Let's live it up"とか、簡単な単語の羅列なのに、話し手の意図が読み取れないで苦労した。そのうえ、映画の場合、場合によってはかなり恣意的に意訳した日本語訳が並び、まったく英語の勉強にならなかった苦い思いでがある。

上記の意味は、順番に「私なら彼を完全にやっつけられるよ。」「彼、勇気あるよね。」「さあ、楽しもうよ!」という感じだろうか?これらの用例は"weblio"の英和辞書に全て載っている。このサイトは情報量が豊富で、会話にそのまま使える表現が学べる。weblioの英語翻訳も結構使えるので、意味が分からないと直に諦めずに、じっくり調べてみよう。せっかくキャリアに高いスマホ使用料払っているわけだし、きっちり元は取りましょうよ、皆さん。

04/10/2018

ゴールデンカムイ

アニメ「ゴールデンカムイ」の放送が始まった。この人気マンガの映像化は昨年より話題になっていたが、アニメの方も秀逸なものが披露された。原作のストーリーのクオリティの高さはそのままに、今風のアニメらしく、CGを多用した念の入ったものに仕上がっている。

つくづく思うのだが、実写と違って、アニメにCG映像を組み入れると、ごく自然な風合いが再現される。そもそもマンガ自体が100%作者のイマジネーションの産物なので、アニメとCG合成との親和性が高いのも当然だ。しかしアニメ化が発表されてからが長かった。待った甲斐があった。

ゴールデンカムイの公式サイト

03/25/2018

全面展望「小田急線」

小田急線の複々線化工事が完了し、3月3日に開通式が行われたようだ。短い間だが小田急線沿線に住んでいたことがあったので、感慨深いものがある。YouTubeにアップされている開通式後の小田急線の全面展望の映像を眺めた。

以前は「開かずの踏切」の代名詞と言われた東北沢駅もホームは地下に移動、お隣の下北沢駅まで続き、世田谷代田を過ぎると電車は再び地上に姿を現す。そこから複々線の高架線路が延々と伸びる。再び成城学園前手前で地下に潜り、再度地上へ。そのまま多摩川を渡って、登戸を過ぎると高架の軌道が終了となる。

首都圏の通勤時間の長さは、地方の感覚からすると比較にならない。少しでも混雑の緩和が成されれば、利用者には有り難い。「全面展望」のビデオを見つめながら、懐かしさに浸ってみた。

03/13/2018

まさか花粉症?

暖かくなってきた。早朝の起床が楽になってきた。日課のウォーキングも欠かさずこなしている。吸い込む空気が、ひんやりして気持ちいい。

しかし、鼻が少しムズムズする。あれっ、変だ。俺って、花粉症とは縁のない人なんだけど?春先にくしゃみしている人や目を真っ赤にしている人を見て、優越感に浸っていたんだけど?

まさか花粉症?そんな筈は。だとしても軽度のものだろう。あ〜目の回りや鼻がかゆくてしょうがない。鼻水が止まらない。

02/21/2018

遥かな人へ

昨年の暮れ、地元のラジオ局が「遥かな人へ」を流していた。平昌オリンピックを間近に控えてのリクエストだったのかもしれないが、正確には覚えていない。これは1994年に開催されたリレハンメルオリンピックテーマソングとして使用された高橋真梨子の歌だ。

オリンピック開催当時の印象は余り残っていなかったのだが、改めてこの歌に触れて、心を揺り動かされた。人を愛するため人は生まれた。苦しみの数だけやさしくなれるはず。(下線部は歌詞からの引用)韓国での選手たちの奮闘を目の当たりして、自分の気持ちが高揚するのを感じた。

この短い開催期間の中の、更に瞬間の演技に、積み上げた苦労や努力の結晶を注ぎ込む彼らの熱い思いが伝わってきて、思わず涙腺が緩んでしまった。俺も年取ったのかな、とつぶやき、若い彼らが羨ましくて仕方がなかった。いや、俺だってまだまだ。日本選手、頑張れ!

02/18/2018

よくある話?

車のキーレスエントリー用の鍵の柄の部分のネジが外れているのに気が付いた。とりあえずテープで止めてみたが、ダサいに決まっている。

ネットを検索してみた。「キーレスエントリー」+「ネジ」+「交換」で探してみた。あった、あった。大体は2×4サイズのもので、ホームセンターにもあるらしい。amazonにも載っていた。他の商品と抱き合わせでオーダーしたら、送料無料で届いた。サイズはピッタリ。

ネットは便利だ。いつまでもテープ止めしてないで、ホームセンターやamazonを探してみましょうよ。

より以前の記事一覧