2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年5月28日 (日)

指宿方面、霧島方面♫

嘉例川駅で写真を撮った帰り、鹿児島空港へ寄ってみた。当日の朝、快晴だったので、写真撮影に勤しもうと決めたのだが、南薩へ行こうか、北薩へ行こうか、思案した。霧島方面がご無沙汰だったので、嘉例川駅に行き、コンディションが良ければ、帰りに滑走路越しの霧島連山を物にしようと決めていた。

ご覧のとおり、快晴に恵まれ、芝生も青みを帯びて鮮やかだった。鹿児島空港内の駐車場は2時間まで無料で、空ナカも整っているので、屋上で霧島の峰々のパノラマを堪能した後は、食事をするというプランもお勧めだ。鹿児島市内からだと、程よい距離があり、楽しいドライブになるはず。

Kirishimayama


2017年5月16日 (火)

嘉例川駅2017

Kareigawa1
嘉例川駅正面 

Kareigawa2
ホームを下り方面に進むと、新緑と青空が強烈な輝きを放つ。

Kareigawa3
お昼を過ぎ、やがて鹿児島中央駅行きの「はやとの風」が到着。

Kareigawa4
外国人観光客が多数乗車していた。停車時間が短いので、写真撮影は大急ぎだ。

Kareigawa5
出発は間近。そして慌ただしく列車は駅を離れてゆく。

Kareigawa6
駅には静寂が戻った。

久しぶりに寄ってみた。駅の直ぐ近くには大きな駐車場が完備され、また駅舎の「嘉例川駅」の表札は白色からシックな焦げ茶の木目調に架け替えられようだ。嘉例川駅と言えば、明治の面影を残す古い木造駅舎に興味が集中するが、駅の敷地内の植木の剪定や除草も行き届いており、当日も地元の方が除草作業を行っていた。好天に恵まれ、淡い新緑が眩しく思えた。

初めて当地を訪れてから随分年月が経った。微細な変化はあるものの、駅の風格は相変わらずだ。鹿児島空港が近いため、時折遥か上空をジェット機が飛んでゆくが、エンジン音はここまで届かない。「はやとの風」に揺られて、多くの観光客が駅に降り立つが、それも束の間の賑わいだ。思い出したように、ここに足を運ぶのが良いのかもしれない。そう私は思う。

2017年5月撮影

嘉例川駅(発見・鹿児島!blog)
肥薩線(発見・鹿児島!blog)

2017年4月13日 (木)

桜が満開。

Sakura1

指宿市の魚見岳の桜が満開という知らせを聞きつけた。晴天と干潮とソメイヨシノの開花が上手く重なり、眼下に満開の花と陸続きになった知林ヶ島の姿を望める。鹿児島の満開は観測史上最も遅かったようだが、これが幸いして良い写真が撮れた。

2017年3月 5日 (日)

早春の知覧

Chiran01
知覧武家屋敷群を貫く通りの向こうには母ケ岳の姿。

Chiran02
平山克己氏邸庭園

Chiran03
石敢当(せっかんとう) 三叉路の突き当たりに設けられている。一種の魔除けで、中国から琉球を経て、薩摩に伝わったとのこと。


質実剛健なイメージが支配的な鹿児島にあって、雅な趣が漂う知覧の武家屋敷群は「薩摩の小京都」と呼ばれ、華やかさを感じ取れる数少ない場所の一つだ。

武家屋敷通りに沿って、国の名勝に指定された庭園が七つあり、それら主に枯山水様式の庭は、母ヶ岳をも借景に取り入れ、その雄大にして秀麗な姿を今日に伝えている。

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年2017

Newyear
頴娃町にて

本年が皆様にとって、幸多き一年でありますように。

発見・鹿児島!blogをよろしくお願いします。

2016年12月10日 (土)

色づく街

師走に入って、「大雪」を迎えたころから、鹿児島市内も色づきが鮮やかになってきた。寒い地域に比べて、鹿児島の紅葉は、おとなしいかもしれない。それでも微妙な変化を「短い秋」とともに楽しみましょうか。

Segodon_2
西郷隆盛像

Tenpark
鹿児島市中央公園にて

Jigenji_2
慈眼寺公園にて(2015年12月撮影)


2016年10月26日 (水)

季節が巡りません。

霜降の頃で、暦の上では晩秋に差し掛かったというのに、気温が下がらない。日本気象協会のアプリによれば、本日、鹿児島地方の気温は27度まで上昇し、最低気温も19度が予想されている。

写真は9月半ばに撮ったもの。夏の名残を入道雲で感じ入っていたのだが、周知のように、なかなか季節が巡らない。早朝だというのに、窓を開けて、半袖姿でいられる私。どうしたものやら。

Ibusuki1

Ibusuki2

Ibusuki3

指宿市にて全てiPhoneで撮影。


2016年7月18日 (月)

霧島アートの森2016

Openair1
草間彌生「シャングリラの華」

Openair2
草間彌生「赤い靴」 

Openair3
アートホールと椿昇"RIGHT SHEEP"

Openair4
椿昇"RIGHT SHEEP"

Openair5
ジョナサン・ボロフスキー「男と女」

私が初めて霧島アートの森を訪れたのは2001年の1月で、当日、この栗野岳周辺は雪に見舞われた。その次が2004年の6月で、前回は2008年の3月だった。そして今月の初め、8年ぶり4回目の訪問を果たした。全体の雰囲気はそれほど変わらないのだが、所々に15年の歳月を感じるものがあった。

アートホールのカフェテリア前の位置からの撮影は恒例になったが、木々の成長は著しく、時の経過を実感した。ふと、見慣れぬ作品が目に留まった。そう、2001年の横浜トリエンナーレの巨大バッタで我々の度肝を抜いた椿昇氏の"RIGHT SHEEP"で、椿氏の2012年のここでの作品展以来のものであった。

ありふれた言い方だが、ここへ来ると心身ともにリフレッシュできる。人里離れた山腹にあるので、それなりに行く準備が必要である。しかし繰り返し足を運んでも飽きない。鹿児島の人間は、晴れた日を狙いうちできるのが良い。

霧島アートの森(発見・鹿児島!)


Kirishima Open-Air Museum has been open in the middle of Mt.Kurino,Kirishima Mountains since October 2000. Mainly,contemporary arts have been exhibited ,and unique works by renowned artists from all over the world, can be seen in the vast park.

The works that made of various materials,such as stone ,iron, and plastic, have been placed in a well-balanced, and taking advantage of the original terrain and trees.Art Hall has a novel appearance where sculptures have been exhibited, and also can be used art library,cafeteria.

2016年5月24日 (火)

平川動物公園(5)

Hirakawa1
アカカンガルーの親子 オーストラリア内陸部や半砂漠地帯などに広範囲に生息。こどもは5、6ヶ月程母親の育児嚢の中で育つ。

Hirakawa2
ホワイトタイガー ベンガルトラの白変種で、からだ全体は薄いクリーム色で、青みがかった目をしている。

Hirakawa3
ボルネオオランウータン インドネシアのボルネオ島に生息しているヒト科オランウータン属の霊長類。マレー語で「森の人」の意味する。

Hirakawa4
ミーアキャット アンゴラ、ナミビア、南アフリカなどの草木の少ない砂漠地帯に生息。警戒心が強い。

Hirakawa5
アライグマ 北アメリカ原産で、英名は"raccoon"。アニメの影響か、日本では可愛いイメージがあるが、外来種として繁殖するようになり、雑食性のため、農作物への被害が各地で報告されている。

Hirakawa6
ホオジロカンムリヅル アフリカ大陸東部、南部に生息する。頭部に金色の冠のような羽根を持っており、これが名前の由来でもある。ウガンダ共和国の国鳥で、国旗の中心にその姿がデザインされている。

今年の5月9日より、動物園内を周遊するバスが運行を開始した。来園者全員が利用できるが、高齢者、障害者、妊婦等を優先するとのこと。

2016年4月11日 (月)

JR慈眼寺駅探訪

Jigenji1
暫くは新旧両方の駅のホームが見られそう。

Jigenji2
高架下の道路の往来はスムーズになった。

Jigenji3
ご同輩、こういう光景も悪くないでしょ。

じっとしていられなかったので、新しい慈眼寺駅の見物に行ってきた。高架下の道路では、車の往来は、踏切前で一時停止する必要が無くなったので、順調だった。駅周辺の整備はこれからだが、それらも時間を置かずに片付くだろう。

鹿児島市の市議会選挙が近づいており、高架橋の近くで辻立ちをする立候補者を見かけた。踏切前での渋滞が無くなったお陰で、車は高架下を瞬時に通り過ぎ、誰も候補者に気づかない。無関心を装っているわけではないと思うが。

撮影機器:iPhone

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ